Business

ビジネス

【続報】「LinkedIn」パスワード漏洩、FBI の捜査に協力

japan.internet.com 編集部
2012年6月11日 / 16:50
 
 
 
米国 LinkedIn は2012年6月9日、同社の運営するビジネス向け SNS「LinkedIn(リンクトイン)」でユーザーのパスワードが漏洩(ろうえい)した問題について、最新情報を説明した。それによると、米国連邦捜査局(FBI)がこの件に強い関心を抱いており、LinkedIn は密接に協力しているという。また、LinkedIn は透明性をできるだけ高めて情報を開示するとしている一方、捜査の妨げにならない範囲でユーザーのセキュリティを守りたいとした。

この問題は、ノルウェーの Web サイト「Dagens IT」が「LinkedIn ユーザーのパスワード650万件が暗号化された状態でロシアのハッカー向けサイトに投稿されていた」と報じたことが発端(ノルウェー語版記事英語への自動翻訳版記事)。LinkedIn は漏洩の事実を認めたうえで、漏洩したパスワードの大部分が暗号化されたままであるものの、一部解読されてしまったことを明らかにしている。

今回の最新情報には特に目新しい話はなく、LinkedIn は、パスワードと対応するログイン用メール アドレスやユーザー情報の漏洩がなかったことなどを繰り返し説明した。

そのうえで、今回の問題発覚後にユーザーを守る行動を迅速にとったこと、ユーザーのプライバシ保護に厳重な仕組みを導入していることを強調した。

【続報】「LinkedIn」パスワード漏洩、FBI の捜査に協力
LinkedIn の画面に表示されるようになった
パスワード セキュリティに関する注記

*クリックして拡大
【関連記事】
ビジネス SNS「LinkedIn」でパスワード漏洩、650万件との報道
【続報】「LinkedIn」のパスワード漏洩、「解読されたものもある」
IPv6 が本格始動―だが、セキュリティは万全なのか?
企業メールと私用スマートフォンをセキュアに連携--クラウドメール「ALL in Oneメール Lite」を試す
複合機向け仕様「BMLinkS」新版、非対応 MFP 連携やセキュリティ強化

関連キーワード:
パスワード
 
SNS
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites