japan.internet.com
ビジネス2012年5月24日 18:20

「ピース」サインはギリシャでは侮辱の仕草―トリップアドバイザー「外国でやってはいけないハンドサイン」

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20120524/6.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
トリップアドバイザーは2012年5月24日、インフォグラフィック「外国でやってはいけないハンドサイン」を公開した。海外でタブーとされているハンドサインをまとめている。

「ピース」サインはギリシャでは侮辱の仕草―トリップアドバイザー「外国でやってはいけないハンドサイン」
外国でやってはいけないハンドサイン
*クリックして拡大

ピースサイン
同インフォグラフィックによれば、日本人が記念撮影などでよく使う「ピース」サインは、ギリシャでは侮蔑の仕草なのだという。これは、ギリシャではかつて犯罪者に2本指で物を投げたことに由来しているそうだ。

OK サイン
親指と人差し指で丸をつくる「OK」サインは、フランスでは「役に立たないもの」表しており、人に向ければやはり侮辱の仕草となるという。

小指を立てるサイン
小指は日本では女性を意味することが多く、小指を立てると女性の「恋人」や「愛人」などの意味になる。だが、中国では「最も小さい、できの悪い人」を表すサインとなるという。

親指を下に向けるサイン
親指を下に向けてブーイングという光景は、日本でも目にするようになってきた。だが、このサインは日本人が考えるよりも強い意味をもっており、米国の野球場や英国のサッカ―場では、トラブルの原因になることがある。

このように日本ではあまり問題にならないハンドサインも、海外ではタブーとされているものがある。同社では、訪問先の国の人々を不快にさせることなく、また自身も安全な旅を楽しめるよう、基本的なタブーを知っておくことを勧めている。

同社では今回、このタブーとされるハンドサインをプリントした「旅先で絶対に着てはいけないTシャツ」を制作、100名にプレゼントしている。応募期間は2012年5月24日から6月30日まで。詳しい応募方法は同社の Web サイト(http://tg.tripadvisor.jp/taboosign/)に掲載されているので、そちらを参照されたい。

旅先で絶対に着てはいけない T シャツ
旅先で絶対に着てはいけない T シャツ

なお、同社では、この T シャツはあくまで資料用であり、屋外での着用は避けて欲しいと呼び掛けている。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.