ビーブレイク、中小導入で ERP SaaS の料金をわかりやすく
スマートフォンから接続
*クリックして拡大
ERP システム開発のビーブレイクシステムズは2012年5月17日、統合型基幹業務パッケージ「MA-EYES」SaaS 版の新機能追加と価格体系の改定を発表した。

MA-EYES SaaS 版は、MA-EYES から必要な機能のみを月額料金制で利用できるもの。これまでもニーズに応じて一括導入版と SaaS 版を選択できたが、大企業のみならず中堅中小企業でも基幹系業務システムの SaaS 活用ニーズが高まっていることから、今回、より分かりやすく柔軟な価格体系にした。

また新機能として、グループウェア機能、スマートフォンアクセス機能なども用意した。従来製品の MA-EYES 一括導入版にも同様の新機能が追加された。

導入前に初期導入支援費用として「要件定義費用」と「開発導入費用」が発生するが、この初期導入支援費用は個別見積り。月額利用料金は、使用できる状態になってから発生するもので、ユーザー数に応じたモジュールごとの利用料金の合計金額。

1人当たりモジュールごと月額利用料金
1人当たりモジュールごと
月額利用料金

*クリックして拡大
使用ユーザー数に関わらず基本月額料金(固定)1万円が必要。プロジェクト管理、経理、人事管理、システム管理は最低1ユーザー必要。スマートフォン接続を利用する場合は、ユーザー数に関わらず月額利用料金5,000円が必要。iPhone、Android に対応。

ユーザー数が30名で、プロジェクト管理/帳票・分析/経理/人事管理/システム管理/勤怠申請/経費申請/購買申請を使用した場合、月額利用料金は11万2,000円、初期導入コスト150万円。