Business

ビジネス

aigo とフリービット、クラウド「aigoCloud」対応機器をリリース

japan.internet.com 編集部
2012年5月9日 / 18:10
 
フリービットは2012年4月26日、クラウドストレージサービス「aigoCloud」搭載の「aigoCloud Projector」が、中国コンシューマー機器メーカー Aigo Digital Technology(aigo)から、中国国内で2012年4月より発売開始された、と発表した。

aigoCloud Projector は、フリービットと aigo がハードウェアから共同開発した、クラウド対応小型モバイルプロジェクタ。中国全土に直営店100カ所、販売代理店3000店をもつ、aigo の販売網を利用し、まずは北京近郊の店頭から「7,999元(約10万3,063円)」で順次取り扱いを開始しているという。

同製品は、DLP 方式を採用し、3.5インチから150インチまでの投影が可能。OS に「Windows Embedded CE 6.0」を採用しており、PC レスで、オフィスファイルや動画の投影もできる。

また、フリービットの中国合弁会社である筋斗雲(Smart Cloud)が開発を行い、ライセンス提供をするクラウドストレージサービス「aigoCloud」が搭載され、aigoCloud 対応機器第1弾として、リアルタイムに同期・バックアップ・交換を行うことができる。PC や iPad などで作成したファイルや、iPhone/Android で撮影した写真などを aigoCloud Projector を使い、大画面で共有することが可能。

本体サイズは幅90.8mm×奥行き98.8mm×高さ31.2mm、重さは230g。LED 光源により400ルーメンの明るさを実現した。標準で Wi-Fi を内蔵し、本体から直接 aigoCloud へアクセスできる。aigoColud は標準で10GB が付与されるが、容量追加プランとして10GB/20GB/50GB も用意する。

aigo、フリービットの合弁会社が提供するクラウド「aigoCloud」対応機器をリリース
製品イメージ

aigoCloud Projector のトップメニュー
aigoCloud Projector のトップメニュー
【関連記事】
フリービット、顧客の「アルファインターネット」事業を譲受
フリービット、「YouriDC」でクラウド iDC の OEM 事業を開始
エグゼモード、超小型クラウドプロジェクタを販売
DTI、ワンコイン VPS で東京大阪間ディザスタリカバリ
フリービット、写真を「超解像」化する iPhone アプリを配信

関連キーワード:
iPad
 
iPhone
 
Wi-Fi
 
Android
 
クラウド
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites