Business

ビジネス

【書評】『数学は相対論を語る』―紙と鉛筆で冒険の旅

「IT の耳」編集チーム
2012年4月14日 / 10:00
 
 
本書は1936年に刊行された相対論の入門書である。著者は『数学は世界を変える』と同じ Lillian R. Lieber。

相対論とはもちろん、アインシュタインの相対性理論のことである。著者は数式を使って相対性理論を「やさしく」解説しようと試みている。だから、電車の中でちょっと読もうとか、寝る前にちょっと読もう、というのには適していない。

やさしく書いてあっても数式は難しく、紙と鉛筆が必須だからだ。

ゴールデンウィークのどこかにまとまった時間が取れたら、鉛筆を片手に、相対性理論の冒険の旅に出よう。
………

書評「IT の耳」では、IT 関連企業で出版された書籍、 または IT 業務に携わる個人の方が書かれた書籍を対象に、 書評を掲載いたします。書評として掲載を希望される書籍がありましたら、 下記あてにどしどし寄贈ください。内容などによっては、書評を掲載できない場合もあります。あらかじめご了承ください。

寄贈先:〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-9 森隆ビル5F インターネットコム株式会社 「IT の耳」編集チーム

……
【関連記事】
コカ・コーラが新型ケータイ?スマホ?を投入--TVCM で主演者が耳に当てているものは…
【書評】Steve Jobs、Mark Zuckerberg で英語を学ぼう!―雑誌『English Journal』4月号
【書評】『数学の隠れたハーモニー』―ピタゴラスの定理をめぐって
「ジブリみて ツイッターおちてる 『バルス』コワッ」…オタク川柳大賞、最終選考作品を発表--一般投票も開始
サンコーの耳掛け式カメラ、目線と同じ高さで録画・撮影

関連キーワード:
ゴールデンウィーク
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites