ネットマーケティングは2012年4月6日、同社が Facebook 上で運営する恋愛・結婚マッチングサービス「Omiai」において、オープン後1か月半で会員数が1万人を突破した、と発表した。また、会員が相手に興味を持った際に、お互いに「いいね!」ボタンを押すことで成立する「マッチング」の数も、1万組を超えたという。

Facebook の「Omiai」、オープン後1か月半で会員数1万人に
サービスオープン以降の会員数とマッチング件数の推移
*クリックして拡大

Omiai は Facebook を活用して、理想の相手を検索し、お互いが気に入ればコミュニケーションを深めることができるアプリ。お互いに「いいね!」ボタンを押してマッチングが成立すると、ダイレクトメッセージを送れるなどのコミュニケーションが可能となる。

サービス開始以来、1か月半で会員数は1万人を突破。会員は1日あたり平均約300人のペースで増加しているという。同社はその要因として、Facebook ユーザーが増加したことで、Omiai の会員対象である独身 Facebook ユーザーの人数も20〜30代を中心に増加していることが挙げられるとしている。また、マッチング数は、サービス開始2週目以降、1日平均300組以上のペースで増加。特に20代の女性会員のマッチング件数が多く、Omiai を積極的に活用している傾向にあるという。

Omiai 登録者の年齢構成(男性) Omiai 登録者の年齢構成(女性)
Omiai 登録者の年齢構成(男性)
*クリックして拡大
Omiai 登録者の年齢構成(女性)
*クリックして拡大

同社によれば、Omiai 登録会員の出身国数は34か国、使用言語数は15か国語以上となっており、利用者が外国人との出会いを求めることも可能となっている。実際に日本人と外国人とのマッチング成立数も徐々に増えはじめており、今後登録会員数の増加に伴って、さらに国際色が深まっていくことが見込まれるという。

同社の代表である宮本邦久氏は、「リアルの婚活イベントでもインターネットマッチングでも、初めて人と知り合う場合は、実際に会う前にある程度相手の人物像を知っておきたいものだ。Omiai は、Facebook を使用し、より信憑性の高い情報または相手の信憑性を測るための情報を得ることで、安心した気持ちやワクワクした気持ちで初対面の場に臨むことができる」とコメントしている。