シナジーマーケティングリヴァンプは2012年4月2日、共同で開発した小売業・外食企業向けの「購買連動型 CRM サービス」の提供を4月から開始する、と発表した。

「購買連動型 CRM サービス」は、顧客の購買状況に応じて、「個別販促」と「顧客分析」を小売業・外食企業向けにパッケージ化したサービス。

個別販促では、顧客の来店時に FeliCa (非接触 IC カード技術)端末で個人を認証し、個人情報およびポイント/クーポン管理システム「curuzo(クルゾー)」で、ポイント数に応じたクーポンを個々に発行する。加えて、シナジーマーケティングのクラウドサービス「Synergy!(シナジー)」から、来店促進のための効果的なメールを配信する。

顧客分析では、店頭の POS システムや「curuzo」で取得した会員情報や購買履歴を、大量データ分析支援サービス「瞬析 TURBO(しゅんせきターボ)」に取り込み、顧客分析を行なう。また、分析結果を元に次の戦略の提案をするという。

両社は、小売業・外食企業のマーケティング活動や経営支援を行ってきた経験から、顧客の購買行動を的確に捉えた CRM サービスを展開することにより、小売業・外食企業を芯から元気にできると考え、同サービスを提供するに至った。

尚、同サービスは4月から、クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンやプレッツェルジャパン、コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパンなどへ提供される。

小売業・外食企業向け「購買連動型 CRM サービス」の提供がスタート
小売業・外食企業向けCRMサービスの概要図
*クリックして拡大