Business

ビジネス

AMD、GLOBALFOUNDRIES とのウェハー供給契約を改定

japan.internet.com 編集部
2012年3月7日 / 15:50
 
 
半導体大手の米国 AMD は2012年3月6日、GLOBALFOUNDRIES とのウェハー供給契約を改定した、と発表した。

改定により、AMD と GLOBALFOUNDRIES は、2012年の交渉ベースによるウェハー価格機構に合意した。また、AMD は、所有していた GLOBALFOUNDRIES の株式を GLOBALFOUNDRIES に移行することに同意した。

AMD の CEO、Rory Read 氏は以下のように述べている。

「ウェハー供給契約の改定は、AMD と GLOBALFOUNDRIES が長期の戦略的ビジネスパートナーとして引き続き関与していくことを示している。昨年、我々は大きな進展を遂げて、両社間の関係を強固なものにした。GLOBALFOUNDRIES が、我々の製品ラインにおける希望納期に間に合わせてくれた最近の功績を嬉しく思っている」

改定された合意事項は以下の通り。

AMD と GLOBALFOUNDRIESは、2012年、「テイク オア ペイ」協定にもとづく、交渉で決定した価格でウェハー価格機構を定めた。そして、2013年におけるウェハー価格の枠組みを定め、2011年の修正で定められた AMD の2012年四半期ごとの追加支払い義務を免除することに合意した。

AMD は、所有していた GLOBALFOUNDRIES の株式を GLOBALFOUNDRIES に移行することに同意し、これによりグローバルファウンドリーズの株式を所有しないことになった。

GLOBALFOUNDRIES は、一定期間 GLOBALFOUNDRIES で特定の 28nm APU 製品を製造する AMD との独占契約を放棄した。これにより、AMD は GLOBALFOUNDRIES に対して、4億2,500万ドルを現金で支払うことを承諾した。そのうち1億5,000ドルは2012年3月5日までに支払われる。また、残りの支払い額のうち、5,000万ドルが2012年7月2日までに、さらに5,000万ドルが10月2日までに、そして残りの1億7,500万ドルが2013年第1四半期に支払われる予定。また、AMD は GLOBALFOUNDRIES に対して、2012年10月2日までの支払い分と2013年の第1四半期までの支払い分の約束手形を発行した。
【関連記事】
AMD、マイクロサーバー開発会社 SeaMicro を買収
米 AMD、1GHz GPU「Radeon HD 7770」を発表
AMD、プロ向けグラフィックスカードをエントリ価格で販売
AMD、SoC 中心ロードマップ導入の企業戦略を発表
AMD、デスクトップ PC 向け GPU グラフィックスカード新製品を発表

関連キーワード:
AMD
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites