アリギリスは2012年2月21日、iPad 用アプリ「お江戸タイムトラベル 200年前の日本橋 〜絵巻『熈代勝覧』の世界〜」を発売した。全長12メートルの絵巻「熈代勝覧(きだいしょうらん)」を iPad で再現するアプリで、価格は850円。 App Store で購入できる。
200年前のお江戸にタイムスリップ!絵巻『熈代勝覧』を収録した iPad アプリが発売
「お江戸タイムトラベル 200年前の日本橋
〜絵巻『熈代勝覧』の世界〜」
 
このアプリでは絵巻「熈代勝覧」に描かれている約200年前の江戸・日本橋の情景が閲覧できる。「熈代勝覧」とは20世紀末にドイツで発見された作者不明の絵巻で、現在の今川橋から日本橋(東京都中央区)に至る日本橋通り764メートルの町並みが12メートルに縮小され描かれているというもの。

アプリで絵巻を閲覧すると、当時の日本橋に軒を連ねていた89軒の商店と、江戸の魚河岸の賑わい、武士、商人、職人、行商人、お茶屋の看板娘、寺子屋に向かう子どもなど、様々な人々総勢1,671人が登場する。さらに犬、牛、馬、猿、鷹なども加わり、平和でのどかな江戸の情景を楽しむことができる。


閲覧方法はユーザーが任意で選択できる。「推奨サイズモード」では、表情豊かな登場人物たちが話していそうなセリフが、次々と吹き出しで登場。一方、「自動スクロール推奨サイズモード」では絵巻が自動的にスクロールし、目の前に流れる情景を見ることができる。また、吹き出しを消して絵巻のみを楽しむことができるほか、ピンチイン/ピンチアウトで絵巻の表示サイズの拡大縮小もできる。

推奨サイズモード画面 絵巻オリジナル画面
推奨サイズモード画面
*クリックして拡大
絵巻オリジナル画面
*クリックして拡大

また、アプリでは絵巻の見どころを紹介する2つの「ハイライトツアー」を用意。絵巻を舞台に“江戸版・はとバスツアー”が体験できる「グランドツアー」と、絵巻の中から見える“不思議”を探し出す「ミステリーツアー」がある。「グランドツアー」は、絵巻の中から注目のポイントをピックアップして紹介するもので、江戸の文化や暮らしなどを知ることができる。一方、「ミステリーツアー」は、絵巻上に残された手がかりをヒントに「熈代勝覧」制作背景の謎に迫ったり、絵巻の中に存在するちょっとおかしな物や人を見て回ったりする。

「グランドツアー」画面
「グランドツアー」画面
*クリックして拡大
またアプリには、絵巻のほかにも江戸の文化や暮らしを知るための豆知識ガイド「ちょこっと図鑑」や「熈代勝覧」を解説した読み物などを収録している。

「ちょこっと図鑑」
「ちょこっと図鑑」
*クリックして拡大