Business

ビジネス

Mozilla はいかに抗議したか

japan.internet.com 編集部
2012年1月22日 / 10:00
 
 
Mozilla は2012年1月19日の公式 Blog で、18日に行った SOPA/PIPA 両法案への抗議行動の結果をまとめている。

Mozilla では、デフォルトの Firefox スタートページをブラックアウトし、ビジターを Mozilla の(SOPA/PIPA 両法案への)抗議を表明する特設サイトにリダイレクトした。また、Mozilla コミュニティのメンバーに、複数のオンラインチャネルからダイレクトメッセージを送ったという。

Mozilla では4,000万人以上にリーチし、36万の電子メールが上院と下院に送られたそうだ。

もう少し詳細に説明すると、米国で Firefox デフォルトのスタートページを使うおおよそ3,000万人が、ブラックアウトページを、行動への呼びかけとともに受け取った。また、Mozilla は、Facebook、Twitter、Firefox、ニュースレター経由で約900万人にメッセージを送った。

その結果、Mozilla の Tweet を2万人が Retweet し共有したが、これには、MC Hammer 氏が彼の240万のフォロワーに Tweet したものは含まれていない。

そして180万人が mozilla.org/sopa サイトを訪れ、60万人が EFF にホストされた「Strike Against Censorship」ページを訪問した。

結局、36万通の電子メールが議員に送られたが、EFF キャンペーンサイトで生成されたメールが、メール全体の3分の1を占めた。
【関連記事】
Google、PIPA/SOPA で米議会に抗議する請願書のページ
Mozilla、「SOPA Blackout Day」抗議キャンペーンへの参加を表明―Firefox スタートページがブラックアウト
Firefox は競争力を取り戻せるか?
Mozilla の法人向け Firefox は、イノベーションを遅らせる?
Mozilla、メジャー アップデート年1回の「Firefox」延長サポート版

関連キーワード:
Facebook
 
Twitter
 
Firefox
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites