Business

ビジネス

ウェザーニューズ、三大流星群の1つ「ふたご座流星群」観測可能エリアを発表

japan.internet.com 編集部
2011年12月7日 / 18:20
 
ウェザーニューズは2011年12月7日、一週間後にピークを迎える「ふたご座流星群」の観測チャンスがあると見込まれるエリアを発表した。

ふたご座流星群は三大流星群の一つで、今年は12月5日〜12月20日頃まで観測可能。ピークを迎える12月14日夜〜15日早朝は、西高東低の冬型の気圧配置になると予想される。このため、日本海側ほど曇りや雨・雪となり、流星の観測には厳しい条件となるという。一方、太平洋側は晴れる所が多く、流星観測に好条件となる所が多くなる見込み。沖縄方面は、前線の影響を受けて雨が降り、観測は困難と見られる。

ふたご座流星群」観測に関する最新情報は、iOS および Android OS 対応スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「おしらせ」ページ、携帯サイト、およびインターネットサイトで確認できる。携帯サイトのサービス「流星見える見えない?」では、1 時間先まで10 分ごとの天気をチェック可能。暗くて雲の動きが確認しづらい状況でも、空を見上げる方角を決めることができ、効率よく流星を観測できる。また、14 日夜からは、ボタン機能を使用して自分が何個流星を見たのかをカウントする「流星カウンター」サービスが提供される。

同社の運営する24時間ライブ番組「SOLiVE24」では、14日夜23時から25時にかけて、観測に適した気象条件の全国7か所から流星の様子をリアルタイムで放送予定。今年のふたご座流星群は、1 時間あたり20〜30個の流星が観測できると予想されている。観測に出かけられない人も「SOLiVE24」を通して各地のふたご座流星群の様子を楽しむことができる。

ウェザーニューズ、三大流星群の1つ「ふたご座流星群」観測可能エリアを発表
流星みえるかなマップ
(出典:ウェザーニューズ)

*クリックして拡大
【関連記事】
ウェザーニューズ、全国500か所のスキー場情報を公開
ウェザーニューズ、11月17日23時からしし座流星群を生中継
ウェザーニューズ、しし座流星群観測可能エリアを発表―11月17日は生中継
ウェザーニューズ、紅葉の鮮やかさを表示する「色づきあざやかマップ」を開始
ウェザーニューズ、全国800か所の紅葉見頃予想を発表

関連キーワード:
Android
 
iOS
 
ウェザーニューズ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites