Business

ビジネス

”走るトイレ”ネオ君、東京へ向け発進! -- TOTO「トイレバイク ネオ」がバイオ燃料で1ヶ月1400キロの道のりに挑戦

japan.internet.com 編集部
2011年10月7日 / 10:00
 
住宅設備機器メーカーの TOTO は、同社の製品を通じて環境負荷の軽減に取り組もうとする企業ビジョン「TOTO GREEN CHALLENGE」をより多くの人に知ってもらうためのプロモーション活動として、家畜の排せつ物や生活排水などから生成されたエコなエネルギー「バイオガス」で走るバイク『トイレバイク ネオ』が同社本社のある福岡県北九州市から東京までの約1,400kmを約1カ月かけて自走する、「TOTO TALK」の第2弾プロジェクトをスタートした。
温かく迎えられてセレモニー会場へ入場する"走るトイレ"『トイレバイク ネオ』
温かく迎えられてセレモニー会場へ入場する"走るトイレ"『トイレバイク ネオ』

10月6日には北九州市の TOTO 本社において、同社社長の張本邦雄(はりもとくにお)氏も参加しての『トイレバイク ネオ』の出発セレモニーを開催した。座席部分には、従来の節水便器に比べて68%の節水を実現した同社の最新型トイレ「ネオレスト」(注:一部は形状を模したもの)を据え付け、後部には巨大なトイレットペーパー状のオブジェが付いているという個性的なデザインの『トイレバイク ネオ』が披露され、張本氏は「この個性的デザインは街を走っていても大変目につくはず。道中で様々な街に立ち寄るが、皆さんに温かく迎え入れてもらえれば。既に愛着があるのか、なんだか、モノを見ているという感覚が湧かないのが不思議です。」とコメントした。
『トイレバイク ネオ』に試乗する TOTO 代表取締役社長執行役員の張本邦雄氏
『トイレバイク ネオ』に試乗する TOTO 代表取締役社長執行役員の張本邦雄氏

東京までは複数のライダー達がリレー形式で『トイレバイク ネオ』を走らせてゆくが、記念すべき最初のライダーとなった平塚千瑛(ひらつかちあき)さんは、バイクのことを、愛情を込めて「ネオ君」と呼び、「ネオ君と一緒に TOTO GREEN CHALLENGE と環境保全の取り組みを広めていきたい」と抱負を述べた。そして、同社本社に勤務する社員も旗を振っての応援で1,400kmの長旅に元気に出発する「ネオ君」を見送った。
1400kmの旅へ、TOTO の社員に見送られて出発した
1400kmの旅へ、TOTO の社員に見送られて出発した

TOTO TALK」プロジェクトは、「TOTO GREEN CHALLENGE」をはじめとする同社の環境保全に向けた取り組みを多くの人に知ってもらうことを目的として、2009年から実施している。第1弾では「あったらいいな」という23の機能を全て搭載したコンセプトトイレ「ネオ1号・2号」を製作しショールームやウェブサイトなどを通じて2011年8月まで公開していた。

今回、プロジェクトの第2弾として開発された『トイレバイク ネオ』は、「ネオ2号」で唯一搭載していなかった「移動できる」という機能を搭載。自由にどこへでも移動できる「走るコンセプトトイレ」として、北九州市から東京を目指しながら各地で同社の環境保全のための取り組みを紹介できることになった。ちなみに、『トイレバイク ネオ』の「ネオ」は、同社製品「ネオレスト」の名前に由来しているという。
個性的なデザインの『トイレバイク ネオ』
個性的なデザインの『トイレバイク ネオ』

バイクの燃料には、家畜の排せつ物や生活排水などから生成されたエコなエネルギー「バイオガス」を使用し環境に配慮。また、沿道の人々とのコミュニケーションの手段として、「ととべんきの歌」を演奏することができる6連ホーン、夜間走行中のバイクに取り付けた LED を明滅させ、その残像によって暗い道にメッセージを表示させることができる「LED TALK」、同社のテレビ CM でおなじみとなった"しゃべる便器"のミニチュア版「ミニネオ君」などを搭載している。

TOTO 本社を出発した『トイレバイク ネオ』は、このあとすぐに福岡県福智町に立寄り、「トイレが走ってる!」と興奮気味に出迎える地域の幼稚園児達の前で、ライダー平塚さんが自ら、「TOTO GREEN CHALLENGE」を訴求するオリジナルの紙芝居「どんぐり姫」の読み聞かせを披露。この紙芝居は今後立寄る各地でライダーや、TOTO の社員が実施するものだが、長旅に向け全4種類あるという。紙芝居の後は、集まった約80名の園児達からお返しに「どんぐりころころ」など4曲の合唱をもらう微笑ましい一幕も。福智町の副町長からは地域の名産である「赤池梨」を"事故ナシ"という思いを込め、プレゼントされた。その後、『トイレバイク ネオ』は同町内にある「TOTO どんぐりの森」に立ち寄り、植樹イベントに参加。早速同プロジェクト最初の環境保全活動を行った。
福岡県福智町で幼稚園児に紙芝居を披露
福岡県福智町で幼稚園児に紙芝居を披露
「TOTO どんぐりの森」で植樹するライダーの平塚千瑛さん
「TOTO どんぐりの森」で植樹するライダーの平塚千瑛さん

実は、福智町への移動中に早速、「ミニネオ君」の蓋の部分が風圧で脱落してしまうトラブルがあったものの、1,400km先のゴールを目指し、この後も『トイレバイク ネオ』は走り続け、広島、岡山、京都、箕面、四日市、静岡、沼津を経て、11月2日に東京都世田谷区の『TOTO テクニカルセンター』に到着する予定だという。

また、各地で地元のイベントやお祭りへの参加、ミニイベントの開催を予定しており、各地での模様などは随時「TOTO TALK」の特設サイトで公開していくとしている。そして、「ネオ君」本人がつぶやく公式 Twitter(@toiletbikeneo)と Facebook ページでは「ネオ君」の旅の様子や各地での出来事を随時更新し、また視聴者から「ネオ君」への応援メッセージも募集している。前作に引き続き、加瀬亮さんが登場する「ネオ君」の活躍を表現したテレビCM にも要注目だ。
Twitter や Facebook で東京を目指す「ネオ君」が随時更新している
Twitter や Facebook で東京を目指す「ネオ君」が随時更新している

東京を目指して今日もどこかの街を走っている「ネオ君」。もし、あなたの街で見かけたら、「ネオ君」とライダーの1400kmの挑戦を応援しよう。
【関連記事】
【コミック】Twitter - 複雑骨折
【コミック】永遠に続くもの?
Google+ ちっくに Facebook のお友達リストを管理できる「Circle Hack」
Facebook、国内 ネットユーザーの17%が利用
au と Facebook が共同プロモーション「ダイガク生活応援キャンペーン」を開始

関連キーワード:
Facebook
 
Twitter
 
バイク
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites