Business

ビジネス

Gartner、Gmail が Microsoft Exchange の代替になる可能性を示唆

japan.internet.com 編集部
2011年9月20日 / 14:20
 
 
Garnter調査によれば、Google の Gmail は市場に投入されて5年で5,000を超える企業で採用され、Microsoft Exchange Online の代替サービスを検討する際の現実的候補として名前があがるようになっているという。

Gartner の副社長兼電子メール担当アナリストMattew Cain 氏はこう述べる。

「Gmail は、メインストリームのクラウドベース E メールサプライヤーと考えられるようになった。Gmail の企業 Eメール市場でのシェアは1パーセントに達したばかりだが、クラウド E メール市場の半分近くを占めている。クラウド E メール自体はまだ幼年期にあり、企業 E メールサービス全体の3%から4%を占めるに過ぎないが、成長産業になりうると見られており、2016年の終わりまでには市場全体の20%、2020年の終わりには55%を占めるようになるだろう」

Cain 氏によれば、Google の Gmail は Microsoft Exchange 以外で成功している唯一の企業 Eメールサービスシステム。Novell の GroupWise や IBM の Lotus Notes/Domino は市場での勢いを無くしているし、Cisco はクラウド E メールサービスをあきらめた。Zimbra には可能性が残されているが、VMware による買収後に企業分野への再フォーカスを始めたばかり。

しかし、Google Gmail にも課題はある。大企業が要求する複雑な要求に応えられていない。たとえば、銀行などが要求する監査機能については、Google は Gmail に組み込む気はいまのところなさそうだ。大規模システムインテグレーターや大企業は、Google のセキュリティやコンプライアンスといった分野での透明性の欠如が、同社との関係を構築する際の阻害要因になっていると報告している。

セキュリティやコンプライアンスは、Gmail の問題というよりはクラウドベース E メール自体の持つ問題とも言えよう。これに対する現実的なソリューションは、メールボックスをクラウド内だけでなく、従来型のメールボックスと組み合わせて運用するハイブリッドタイプを採用すること。これは、すでに従来型メールボックスで圧倒的なシェアを持つ Microsoft が強みを発揮する分野だ。

Cain 氏によれば、Google Gmail が市場でシェアを伸ばすことは、クラウド市場にとっては良いことであるが、一方で他社の市場参入を困難にしていく可能性があるとも指摘している。Microsoft と Google の競争により、両社はさらに強力となり技術も2社に集中。同市場への、他社の参入を技術的に難しいものにしていくだろうとしている。
【関連記事】
Gartner、アジア太平洋地域によるサーバー市場が好調と発表
ガートナー、日本の大企業からの海外アウトソースは2011年に復調
Microsoft が営業支援システムで上位評価
年内に『Windows 7』パソコンのシェアが40%を超える見通し
2011年のモバイル接続数は56億件に、Gartner 予測

関連キーワード:
Google
 
クラウド
 
Microsoft
 
Gmail
 
IBM
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites