Business

ビジネス

肌のシワを抑制する「HSP70」のメカニズムを再春館製薬所と大学の研究チームが発表

japan.internet.com 編集部
2011年9月7日 / 19:00
 
医薬品・化粧品メーカーの再春館製薬所は、慶應義塾大学教授・熊本大学教授の水島徹研究室と共同で研究を進めてきた、『UV 依存のシワ形成に対する HSP70(自己回復タンパク質)の抑制効果』等、4つの演題をスペイン・バルセロナで9月7日16:30(日本時間)から行われた第41回欧州研究皮膚科学会にて発表した。

今回の発表で注目すべき点は、「HSP70」がシワを抑制することの実証と「HSP70」を増やす生薬であるヤバツイとルーマニアアルニカが見出した肌に対する美白作用と皮膚保護作用だ。これらの研究により、肌年齢の悩みのひとつである「シワ」を「HSP70」が防いでくれることが示唆されている。

一般的に、紫外線が肌に当たると、肌の土台である真皮に含まれるコラーゲンやエラスチンが分解されて「シワ」になる。また、日焼けの原因になるメラニンの生成を抑える抗シミ化粧品は紫外線を皮膚内部へ侵入しやすくしてしまい、皮膚障害を悪化させてしまうほか、表面的にコラーゲン成分を塗るだけの対策では、紫外線や加齢によるコラーゲンの質的な低下を十分に抑えることはできなかった。

しかし、肌であらかじめ自己回復タンパク質である「HSP70」を増やしておくことにより、コラーゲンやエラスチンが守られ、真皮が壊れるのを防ぎ、シワになりにくいという。そして、今回研究チームはヤバツイとルーマニアアルニカといった生薬が「HSP70」の増加を促すことで肌を守り、シワ・シミを防ぐ可能性を見出したという。「HSP70」はストレスに対して自己を守り再生させる性質を持ち、ヤバツイとルーマニアアルニカはこの特性を使い擬似的に肌にストレスを与えることで「HSP70」の増加を促していると考えられている。
「HSP70」がシワを抑制するメカニズム(再春館製薬所 提供)
「HSP70」がシワを抑制するメカニズム(再春館製薬所 提供)

これまで研究チームでは皮膚におけるダメージの防御や自己回復に関する研究を進めており、今回研究成果が発表された「HSP70」を増加させる天然原料のヤバツイや、皮膚内のコラーゲンの生成を促す「HSP47」を増加させるチューリップエキスを再春館製薬所の「ドモホルンリンクル」に配合し実用化してきた。今回発表された生薬であるルーマニアアルニカも今秋発売予定の「新ドモホルンリンクル」に配合し、実用化する予定だという。
【関連記事】
NTT と京都大学、量子コンピュータへの新たな一歩
国士舘大学がマイクロソフトと学内システムを全面クラウド化
日立、大学向け学習設計支援システム「UNIPROVE/LE」を提供開始
伊藤穣一氏が MIT Media Lab のディレクタに
Evernote と慶応大学が起業支援共同プロジェクトを開始

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites