japan.internet.com
ビジネス2011年6月1日 11:00

大賞の賞金は店舗売上の10パーセント!株式会社モンテローザがレシピコンテスト「おかず日本一決定戦 おかずの星」の募集を開始

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20110601/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
白木屋、笑笑、魚民などの外食事業を展開する株式会社モンテローザはチェーン店1900店舗の達成を記念し、「感謝の気持ちを、ニッポンの力に。」をテーマにした「センキュー!エブリワン!キャンペーン」を2011年6月1日より実施する。
おかず日本一決定戦 おかずの星
おかず日本一決定戦 おかずの星

その第一弾がレシピコンテスト「おかず日本一決定戦 おかずの星」だ。大会は3つのステージにわかれており、6月1日から8月15日までの「応募・推薦ステージ」では応募者が特設サイトからオリジナルレシピを投稿、9月1日から30日までの「投票ステージ」ではネットユーザーが食べてみたい料理をクリック。12月5日から来年3月4日までの大会ステージでは株式会社モンテローザが運営する居酒屋などで実際にメニューとして提供され、ランキングが決定する。最終結果でランキング3位までに選ばれたレシピの投稿者には店舗での売上に応じてフィーが支払われるという従来にはないレシピコンテストとなっている。

6月2日、3日の11:00から18:00まではお笑い芸人「ロンドンブーツ1号2号」の淳が参加するオープニングイベントを開催。ここではトークと炊き出しが行われ、「おかずの星」を盛り上げる予定だという。

● 投稿したレシピをみんなで評価、上位作品は実際の店舗で販売へ

応募者は、まず考案したレシピを「おかずの星」キャンペーンサイトに投稿する。応募ページのフォーマットに規定の項目を入力する方式なので、操作は簡単だ。他薦の場合はサイトの推薦フォーマットに規定の項目を入力すると、レシピ考案者に連絡が届くようになっている。投稿されたレシピは全て掲載され、商品開発委員会によって選ばれた約300品が、次の投票ステージに進むことができる。

次に投票ステージでは、「おかずの星」キャンペーンサイトに掲載されたレシピを、閲覧者が「食べたい!」と思ったら、「食べたいボタン」をクリックする。このクリック数に応じ、応募・推薦ステージで投稿されたレシピの順位が決まる仕組みだ。

そして、大会ステージでは応募・推薦ステージで選ばれたレシピのうち上位10品を、株式会社モンテローザが運営する居酒屋など約1100店舗以上で実際に販売する。これまでバーチャルだった料理が、ここでリアルに消費者の前に登場し、評価を受けることになる。ベスト10メニューは3ヶ月間提供され、その期間中に売れた数を集計して順位が決定する。審査結果は2012年3月に開催される「おかずの星」決勝イベントで発表され、売上上位3作品の表彰、および企画賞などが授与される。
キャンペーンのキャラクターは「巨人の星」(C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社 Copyright (c) MONTEROZA, Inc All Rights Reserved.
キャンペーンのキャラクターは「巨人の星」
(C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社 Copyright (c) MONTEROZA, Inc All Rights Reserved.

● 賞金は1千万円以上も可能?画期的な賞金システムを採用

そして、画期的なのはその賞金システムだ。上位3商品にそれぞれの商品の実際の売上の一部がフィーとして支払われる仕組みになっており、第1位には販売期間中の商品売上の10%、第2位には同5%、第3位には同3%がそれぞれ支払われる。仮に300円の応募メニューが1000店で1日5点売れたとしよう。その売上は1日150万円だ。販売期間を90日とすると1億3,500万円になる。その10%は1,350万円。取らぬ狸の皮算用だが、こうなると破格の賞金ではないだろうか。

また、ファイナリストとなった他の7作品にも賞金1万円と協賛企業から企画賞が授与される。また、ベスト3になったレシピの推薦者や、第一次審査で1位のレシピにクリックした投票者(抽選100名)にも賞金が用意されている。

● あなたのオリジナルレシピが全国展開されるメニューになるかも?

キッチンでスマートフォンや iPad を手元に置き、インターネットのレシピサイトを見ながら、料理をつくる。最近は男女を問わず、そんなクッキングスタイルが広がっているが、料理好きなら自分だけのオリジナル料理を持っているはず。手軽にできる簡単レシピから、素材や調理法にこだわった本格レシピまで、レパートリーはいろいろあるだろう。自宅にゲストを招いて食べてもらうのもいいが自分の考案したレシピが全国の店舗に登場するとしたら、夢がふくらむに違いない。

料理コンテストに応募する目的は、もちろんランキングや賞金にもあるが、いろいろな人に自分の考えた料理を食べてもらえる喜びにあるのではないだろうか。「おかず日本一決定戦 おかずの星」はネットとリアルを駆使し、多くの人にオリジナルレシピを楽しんでもらえる。もし、いつも何気なく作っているレシピが多くの人たちに支持されれば、その感動は一生忘れられないものになるだろう。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.