japan.internet.com
ビジネス2011年5月9日 15:30

東芝、生物多様性の保全をテーマにした Facebook ページを公開

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20110509/7.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
東芝は、生物多様性の保全や地球との共生などをテーマに同社の取り組みを紹介する Facebook ページを5月9日に公開した。

このページでは NAND 型フラッシュメモリーや家電リサイクル技術といった同社の製品や環境技術の紹介だけでなく、京浜工業地帯ある同社横浜事業所の敷地内にある約10000平方メートルもの広大な「ラグーン」の生物生息空間レポート、NHK エンタープライズの「ニッポン里山100」とコラボレーションしたコンテンツなどを Facebook の写真・動画・ノートの機能を活用して順次公開していくという。

特に注目は、緑の少ない工業地帯に貴重な自然環境を提供することを目的として1977年から30年以上に渡り取り組んでいる同社横浜事業所の「ラグーン」だ。工場排水の浄化に太陽エネルギーと動植物の働きを利用する目的で設置された"池"を中心に、そこに生息する動植物の数は増え続け、絶滅危惧種に指定されている動植物の存在も確認しているという。その動植物の様子やラグーンの保全を担当しているスタッフのレポートなども随時写真や動画などと共に公開していく。

東芝横浜事業所の「ラグーン」に生息する野鳥
東芝横浜事業所の「ラグーン」に生息する野鳥

また、今後はユーザー同士が交流できるコンテンツや同社の YouTube 公式チャンネルと連携した取り組みなども行っていくとのこと。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.