Business

ビジネス

Facebook、グループ機能の見直しなどの新機能を発表

Kenneth Corbin
2010年10月8日 / 11:40
 
 
ソーシャル ネットワーク サービス (SNS) 大手の Facebook は6日、重要な新機能を複数発表した。各機能とも、Facebook サイト上での活動や他ユーザーとの相互交流について、ユーザーがより細かい管理を行なえるようにするのが狙いだ。

今回の変更には、グループ機能である『Facebook Groups』の全面的見直しが含まれている。これにより、同機能は親戚やスポーツ チームのような、より小規模で密接な関係にあるグループに適したものとなるよう刷新された。

グループのメンバーになれるのは招待された場合のみで、メンバー数は現在、最大250人に制限されている。これにより、もっと親密で有意義なグループの作成が促されるはずだと、Facebook では述べている。

Facebook の共同創設者兼 CEO (最高経営責任者) の Mark Zuckerberg 氏は、公式 Blog への投稿で「知り合い全員と常に交流し合うのではなく、より少人数の友人グループともっと簡単に交流できれば、Facebook はさらに便利なものになるはずだという意見を、以前から耳にしていた」と記している。

「これまでは Facebook を友人全員、もしくはあらゆる人々と簡単に交流し合える場となるようにしてきた。しかし、ルームメートや同級生、同僚、家族といった、生活の中で接する少人数のコミュニティとの交流については、こうした場を設けて管理するシンプルな方法が今まではなかった」

今後は、メンバーがグループに対して何らかの更新を行なうと、他のメンバー全員に通知されるようになる。

さらに Facebook は今回、「グループ チャット」という機能も実装した。これは複数の人々が参加するインスタント メッセージ風のサービスで、Facebook のエンジニア Daniel Chai 氏によると「最も要望の多かった機能の1つ」だという。
【関連記事】
Web ベース DB アプリケーションに関して活発な議論――9月開催の「ICOODB 2010」
無印良品、Facebook公式ファンページをオープン
米 Symantec、SNS を悪用したオンライン詐欺に関するレポートを発表
オンライン広告の米 VideoEgg、Six Apart を買収
メンバーズ、Facebook への広告出稿代行開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites