Business

ビジネス

Cisco、『Linux』搭載 SMB 製品を拡充

Sean Michael Kerner
2009年12月2日 / 11:50
 
 
Cisco Systems が、中小企業 (SMB) 向けネットワーク機器市場での攻勢を強めている。同社は今年初めから、SMB 市場をターゲットとする1億ドル規模のプロジェクトを続けているが、1日に SMB 関連の新製品、パートナー、サービスを発表した。

Cisco の SMB 向け新製品の核となっているのが、従来の大企業顧客向けのものとは異なるアプローチや OS だ。

SMB 向けの新製品を支えるのは、Cisco の独自 OS『IOS』ではなく、オープンソース OS の『Linux』だ。また、SMB パートナーや SMB 顧客との連携についても新たなアプローチを採用し、これまでとは異なるローンや販売促進プログラムを用いる。

Cisco は今回、SMB 向けの新製品や製品強化を発表したが、その1つが Linux を搭載した『Cisco AP 541N』だ。Cisco AP 541N は、クラスタリング機能を備えた『802.11n』デュアルバンド対応の無線アクセスポイントで、中央コントローラを用いずに、無線クラスタを構成できる。こうした機能は、無線ネットワークの拡大には欠かせない要素だ。

Cisco はそのほか、Linux 搭載アプライアンス『Cisco SA 500 Series Security Appliances』にも新機能を追加した。SA 500 は9月に発表された製品で、統合脅威管理 (UTM) 機能を備える。今回の改良では、侵入防止システム (IPS) やエンドポイント保護機能が加わり、エンドユーザー機器を確実に最新セキュリティの保護下に置けるようになった。
【関連記事】
Cisco、セキュリティ情報を提供する『iPhone』アプリをリリース
Cisco、新製品を発表しホスティング型 Eメール サービスに参入
Cisco が堅調な四半期決算、CEO は先行きに強気の見方
Cisco、EMC、VMware がデータセンター事業で提携
Cisco が中国の STB ベンダー買収へ

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites