Business

ビジネス

YouTube を利用したマーケティング、広告活用について

japan.internet.com 編集部
2009年11月18日 / 10:00
 
YouTube ではさまざまな広告メニューを活用して、目的に合わせたキャンペーンが実現可能です。今回は、マーケティング担当者、広告主が YouTube を活用する方法を中心に、もともとのテーマである「ビジネスに Google/YouTube を活かすテクニック」を意識して、より実践的な活用方法に触れてみたいと思います。

<YouTube におけるユーザーの流れ>
YouTube をビジネスに活かすには、まず YouTube におけるユーザーの流れを理解することが重要となります。ここでは YouTube ユーザーの活動に注目し、以下の4種類に分類してみました。

Enter―利用開始
YouTube サイトを訪れます。前回のテーマでご紹介したように、YouTube はさまざまなユーザーが集まる世界最大の動画共有サイトです。

Discover―発見
視聴する動画を選びます。動画は、YouTube 内での動画検索をはじめ、YouTube サイト内の関連動画、カテゴリーページ、外部サイトでの紹介など、さまざまな経路で発見されます。

Watch―視聴
動画を視聴します。動画再生ページは YouTube 内で最も滞在時間の長いページであり、1アクセスあたり平均2分以上、ユーザーが滞在しています。

Engage―参加
より深く YouTube コミュニティに参加します。動画を投稿したり、動画に対して評価、コメントします。

いずれの活動もとても重要で、かつそれぞれ性質が異なります。

YouTube におけるユーザーの流れ
YouTube におけるユーザーの流れ
*クリックして拡大

<マーケティング担当者にとっての、4つのプロモーション機会>
このような4つのユーザーのアクティビティにあわせて、4つのプロモーションの機会が存在することになります。

Enter―トップページ広告
YouTube トップページ広告は、YouTube のトップページを1日24時間ジャックする、期間保証の広告プログラムです。幅広いユーザーにリーチすることで、一気に認知を獲得できることが特徴で、ユーザの口コミを喚起、促進するきっかけとなり、動画広告掲載後も継続して再生回数の増加を見込むことができます。

Discover―プロモート動画
YouTube プロモート動画は、YouTube 上で公開している自身の動画を、YouTube サイト内、および Google コンテンツネットワークを通じて効率的にプロモーションするための広告プログラムです。

動画にあったキーワードを選ぶことで、Google AdWords(検索連動型広告)、コンテンツ連動型広告と同じように、ユーザーの興味、関心に合わせて効率的に動画を見せることができます。

Watch―動画内広告
YouTube の動画内広告は、動画再生画面上に広告が掲載されるため、動画を閲覧しているユーザーにリーチすることができます。人気のあるパートナー動画上に掲載され、注目を得やすい広告です。

Engage―ユーザー参加型企画
チャンネルページを自由にカスタマイズすることで、ユーザーを集める場を作成することができます。誰でも無料で利用できるユーザーチャンネルと、さまざまなユーザー参加型企画が可能なブランドチャンネルがあります。

マーケティング担当者にとっての、4つのプロモーション機会
マーケティング担当者にとっての、4つのプロモーション機会
*クリックして拡大

<実際のプランニングと効果測定>

・メディアプランニング
YouTube とパートナーシップを結ぶことで、トップページ広告、ユーザー参加型企画など通じて効果的なマーケティングを展開することができます。

すぐ開始する場合、YouTube のセルフサービス広告を利用すると、動画の有無にかかわらず、すぐ開始できます。動画を持っている場合、YouTube プロモート動画を利用できます。

動画を持っていない場合は、AdWords のプレースメントターゲットを使うことで、YouTube の動画再生ページやカテゴリページをターゲットにして簡単にディスプレイ広告を配信することができます(AdWords から YouTube への広告は、YouTube 自体の純広告の掲載がない場合に配信されます)。

・データ分析
動画を YouTube に掲載した後、どのようにその動画が発見され、拡がっていったか、どのようなユーザーが注目したのか、動画のどこでユーザーが興味を高めたのか、失ったのかなど、YouTube インサイトのツールを通じて確認することができます。

YouTube インサイトは、サイトにアップロードされた動画の詳細な統計情報を表示できる外部向けの分析、報告ツールで、YouTube アカウントを持つユーザーなら誰でも利用できます。

さて、いかがでしたでしょうか?今回は、YouTube のマーケティング、広告活用方法についてご紹介させていただきました。次回は YouTube パートナーの活動ついて取り上げたいと思います。お楽しみに。

【過去の記事はコチラ

記事提供:GoogleGoogle
 
【関連記事】
Google ブック検索の新たな和解案に相次ぐ批判
Google、Gizmo5 の VoIP 技術を『Google Voice』に統合へ
YouTube、高画質の 1080p 動画配信対応へ
Google、『Chrome 3.0.195.33』で『WebKit』の脆弱性に対応
Google、オンライン ストレージの料金を大幅に値下げ

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites