japan.internet.com
ビジネス2009年9月29日 14:30

ソフトフロントの SIP 関連ソフト、ドコモインタータッチのホテル宿泊者向けビデオチャットサービスに採用

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20090929/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
株式会社ソフトフロントは、2009年9月29日、株式会社 NTT ドコモに対し、SIP 関連ソフトウエア(SIP ミドルウエアおよび RTP 制御音声ストリームエンジン)をライセンス提供したことを発表した。

これにより、8月20日、ドコモの100%子会社である、シンガポールのドコモインタータッチ(DOCOMO interTouch Pte. Ltd.)が展開するホテル宿泊者向けインターネット接続サービスにおいて、同ソフトウエアを利用したビデオチャットサービスの提供が開始された。

このサービスは、ドコモインタータッチが海外のホテル宿泊者向けに提供する高速インターネット接続サービスにおいて、宿泊者が保有するスマートフォンと宿泊者の自宅や友人宅等にある PC との間で高品質な通話音声と映像でビデオチャットができるサービス。

観光やビジネスで訪れた滞在先のホテルから宿泊者の家族や友人宛に「招待メール」を送信し、相手がメールに記載された URL にアクセスし、専用アプリケーションソフトウエアを PC にダウンロードするだけで簡単に利用できる。

ドコモインタータッチの高速インターネット接続サービスを利用すれば、インターネット通信料のみでこのサービスを利用できる。

このサービスは、今後アジアを中心にドコモインタータッチがインターネット接続サービスを提供するホテルに拡大される予定。

ソフトフロントはこのサービスにおいて、SIP ミドルウエア/RTP 制御音声ストリームエンジンをベースに、Symbian OS プラットフォームのスマートフォン(Nokia N95/N82)および Windows PC(Windows 2000/XP/Vista)上で動作する音声/ビデオ通話アプリケーションを開発した。

PC 用アプリケーションは、ActiveX をベースとした Web ブラウザ上で動作するアプリケーションのためインストール作業が不要。

また、スマートフォン用アプリケーションは、ソフトフロントの音声/ビデオコーデックに対するチューニングノウハウによりモバイル端末上での高音質ならびに高画質のビデオ通信を実現している。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.