japan.internet.com
ビジネス2009年7月24日 14:50

「goo ウェブ検索」が「goo 辞書」との連携を強化

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20090724/2.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
NTT レゾナント株式会社は、2009年7月23日、「goo ウェブ検索」結果画面において、「goo 辞書」との連携を強化した。これにより、ユーザーは知りたい言葉の意味を、ページを横断せずに検索結果画面よりいち早く入手できる。

「goo ウェブ検索」においては、これまで「goo 辞書」が保有する新語約6,000語に合致したキーワードで検索された場合、その言葉の意味を検索結果画面に表示していたが、この連携強化により、国語辞典、和英辞典、英和辞典の約370万語に対象キーワードが拡充される。

さらに、第2キーワードに「意味」や「辞書」、「調べる」といった「言葉の意味を知りたい」と思われるキーワードを入力して検索すると、検索結果画面の上部にキーワードの意味をダイレクトに検索結果画面に表示する。

言葉の意味をダイレクトに表示するための第2キーワードは、意味、辞書、なに?、調べる、知りたい、英訳、和訳、翻訳、英語、って?、とは/とは?、?(「とは」以外)、となっている(2009年7月23日現在)。

検索結果画面イメージ
検索結果画面イメージ
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.