Business

ビジネス

レッドハットと日本 IBM、Solaris ユーザーに RHEL/IBM サーバーへの移行プログラムを

japan.internet.com 編集部
2009年7月16日 / 14:30
 
レッドハット日本 IBM は2009年7月15日、「Solaris」ユーザーに向け「Red Hat Enterprise Linux」搭載 IBM サーバーへの移行を促すプログラム「Red Hat Advanced Migration Program powered by IBM」(RAMP-I)を開始した。

プログラム開始に伴い、レッドハットと日本 IBM は同日から、営業活動やコンサルティングおよびサービスを共同で行うためのプロジェクトチーム「RHEL 移行支援オフィス」を発足させた。

RAMP-I では、移行効果の無償アセスメント、システム構築コンサルティング、移行・検証・構築サービス、支払いなどの金融サービス、移行後のシステム管理者育成までを包括的に支援する。
【関連記事】
日本オラクル、Twitter で情報発信を開始
日本 IBM、即席クラウド構築パッケージ――ハード/ソフト/サービスをセットに
レッドハット、Linux 認定資格プログラムを拡張
NTT データと日本 IBM、金融機関基幹系システムで WebSphere 採用に関して合意
日本 IBM、ビジネス分析/最適化支援専門サービスを開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites