Business

ビジネス

ソニー、スプラシアへ動画共有サイト「eyeVio」を譲渡

japan.internet.com 編集部
2009年4月16日 / 15:20
 
写真や動画のオンライン編集アプリケーションサイト「sprasia(スプラシア)」を運営する、株式会社スプラシアは2009年4月16日、5月29日をもって、ソニー株式会社より動画共有サービス「eyeVio」を継承することで合意した、と発表した。

スプラシアはソニーより「eyeVio」を継承し、2日間のサービス休止を経て、6月1日より新たに「eyeVio」サービスの運営を開始する予定。

HD 動画に対応する「eyeVio」と、スプラシアの強みであるオンライン動画編集を軸としたリッチインターネットアプリケーションやエフェクトにより、これまでにない動画サービスの体験や事業シナジーを提供していくという、

また今後は、個人ユーザーや、中小企業・Web 制作会社・コンテンツプロバイダ等のビジネスパートナーに対し、アプリケーションを提供し、アプリケーションプラットフォームとしての役割をより強化していくとしている。
【関連記事】
eyeVio、「ミュージックビデオ トライアウト」の受賞作品を発表
eyeVio、「ミュージックビデオ トライアウト」を開催 〜 第一弾は「木村カエラ」
ソニーの「eyeVio モバイル」、iモードサイト化
ソニー、動画共有サイト eyeVio に「コメント機能」を追加
ソニー「eyeVio」、JASRAC と契約し音楽著作物の二次利用が可能に

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites