Business

ビジネス

金融サイト担当Tが語る、金融サイト・アクセス解析活用法

株式会社デジタルフォレスト Webコンシェルジュ
2009年4月2日 / 10:10
 
 
最近「お金を余りかけずに集客をしたい」というご相談を受けることが多くなりました。しかし、たとえユーザーを集めても、ユーザーをサイトの目的(コンバージョン)へと誘導できなければ成果をあげることはできません。少ない予算をより効果的に活かすためにも、集客施策を行う前にサイト内の課題を解決したほうが良いと言えます。

今回は、集客施策を行う前にサイト内において確認しておきたい点を、金融サイトに焦点を絞ってご紹介します。

サイト内の課題を発見して改善を図っていくためには、まずサイトのターゲットを明確にすることが大切です。サイトに訪問してほしいユーザーの年代や性別、職業、サイト訪問の理由などを具体的にイメージしてみましょう。ターゲットが明確であるという前提で以下、お話させていただきたいと思います。

そもそもサイトは見やすいか・使いやすいか
ターゲット層から見て、サイトは見やすく使いやすい状態でしょうか。ページを開いた時に、文字が小さかったり背景色に埋もれて見づらい状況では、そもそもサイトを閲覧しようという意欲を削いでしまいます。顧客がサイトに継続的に訪れ、インターネット取引を行ったり情報収集を行ったりする場合にも、サイトの使いやすさは重要な点となります。テキストリンクの文字が小さすぎてクリックしづらい、情報が多すぎて必要な情報が見つけづらい――ユーザーに不快感を与えるサイトではリピーター化を期待するのは困難です。

【アクセス解析で見た場合】
直帰率が高くなったり、平均閲覧 PV 数が少なくなる傾向があります。顧客にアンケートを行い、生の声を聞いてみるのもよいかも知れません。

ターゲットが理解できる表現が用いられているか
ターゲットがサービス・商品を理解できなくては、申し込み・成約を期待することはできません。ターゲットのリテラシーにあわせ、理解できる表現をサイトで用いることが基本となります。例えば専門用語については、知識ゼロの人間がページを見ても理解できるよう表現されているでしょうか。利息やレバレッジ等の数値が絡む情報は、分かりやすい図や、身近な例(コーヒー1杯、タバコ1箱など)に置き換えて表現すると情報が伝わりやすくなります。

【アクセス解析で見た場合】
ページ内の情報をユーザーに理解してもらった後、誘導したいページがあるに関らず離脱が多かったり、Q&A への遷移が見られたりします。Q&A へと遷移する場合は、Q&A で閲覧されている情報が遷移元のページに足りないのかもしれません。情報の追加を検討しましょう。

ユーザーに魅力をアピールできているか
競合他社と比較して、ユーザーがサービス・商品のどこに魅力(メリット・ベネフィット)を感じて、サービス等の申し込みを行うのか考えてみましょう。その魅力はサイトで明確に表現され、ユーザーに分かる状態ですか。いくら優れた点があっても、伝えなければユーザーには分かりません。

また、トップページを開いて目に入る位置(ファーストビュー内)にアピールポイントを記載し、初めて訪問したユーザーに確実に魅力を伝えることも大切です。初めての方向けのコンテンツを用意して誘導を図るのもよいでしょう。

しかし、「初めての方」という表現には注意が必要です。例えば株取引であれば、株が初めての方向けか、サイト訪問が初めての方向けかが分かりません。「初めてご訪問の方へ」「株取引が初めての方へ」などと表現を分け、適切に誘導を図りましょう。

【アクセス解析で見た場合】
例えばサービスのメリットを記載したページを用意し、ユーザーを「申し込み」へと誘導している場合、メリットのページを閲覧していないユーザーに比べて、閲覧したユーザーの方が、申し込み率が高くなる傾向があります。違いが見られない場合は、意図したとおりにページが機能していない可能性がありますので、訴求力を上げるためにテキスト表現やリンクの表現等を見直してみましょう。

以上、集客を行う前に確認しておきたい3つの点についてお話しました。金融サイトにおいては専門的な用語が多くなるとともに、金利や取引の仕組みが一見複雑だったりと、初心者にとってはサイトの情報が分かりづくなる傾向があります。業界関係者の視点はなく、あくまで業界未経験者の視点に立ってサイトを見てみるようにしましょう。

(執筆:株式会社デジタルフォレスト Web コンシェルジュ)

【関連記事】
オーリック、Dragon.jp グループ会社と Web アクセス解析 SaaS 事業で提携
アクセス解析で販売価格を決める!
NTT Com、デジタルフォレストに出資、企業向けマーケティング ソリューション提供へ
プロヴィデンス、ページ内ユーザー行動解析ツール「リードスコープ Pro」をリリース
携帯電話、08年第4四半期の大手5社出荷実績情報

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites