Business

ビジネス

Apple、ホリデーシーズンは好調の見込み

Judy Mottl
2008年12月17日 / 11:00
 
 
今年のクリスマスは、どの靴下にも『iPod』が入っている? というのは大げさにせよ、Apple 製品の販売台数は、一部のアナリスト予測を上回る見込みだ。少なくとも、投資銀行 Piper Jaffray による調査報告書の結論はそうなっている。

調査会社 The NPD Group の年間販売台数データをもとにした同報告書では、ホリデーシーズンにおける Apple 製品の販売台数について、iPod シリーズの販売台数が若干減るものの、全体的には満足のいく結果になると予測されている。

上級調査アナリスト Gene Munster 氏によると、NPD は、第4四半期最初の2か月間における『Macintosh』の販売台数を250万ないし270万台、iPod の販売台数を1850万ないし1900万台と予測しているという。

Macintosh 製品の予測販売台数は、感謝祭後の日数が昨年より少ないにもかかわらず、前年同期比で11%増加している。iPod の販売台数については、前年同期比で14%ないし16%減少するものと見込まれている。

Piper Jaffray の報告書では、2007年と比較した2008年の Mac 製品の成長率を8%ないし16%としている。Munster 氏によれば、アナリスト予測では、Mac 製品の成長率は13%となっているという。

また、同報告書によれば、2008年通期の iPod 製品の成長率は6%になるという。この数字は、2007年の31%に比べると、きわめて低いものだ。それでも、今年は全般的に販売が落ち込んでいることを考えると、好調といえる範囲内だ。

ただし、2009年の iPod の販売台数については、Munster 氏はひとまず、12%の減少と予測している。この予測は、2008年ホリデーシーズンの業績が集計された後に修正される可能性がある。iPod の累計販売台数は、2008年9月現在で1億7400万台に達している。
【関連記事】
Microsoft が『iPhone』用アプリケーションを公開
グローバルなニッチ市場を狙う、アニメ風 iPhone/iPod touch ゲーム
Windows 対 Mac の価格論争にまだ意味はあるか ?
Open Handset Alliance 参加企業、新たに14社が発表
クリスマスまでには小容量で低価格の『iPhone』が登場?

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites