japan.internet.com
ビジネス2008年11月14日 19:00

【ミミズクの目】超小型プロジェクタの性能を倍増できるスクリーン

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20081114/9.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
owl
サイテックの「VLP-100」や、海連の「プロジェクタ X Pro920M」、住友スリーエムの「MPro110」など、小型で安価なプロジェクタが次々と発表・発売されている。

例に挙げた3製品はすべて LED 光源を採用しているので、寿命の短い水銀灯などと違い光源の交換をする必要がないのも魅力の1つ。

さて、プロジェクタになくてはならない製品といえば“スクリーン”だが、11月12日に海連から「ハイゲインモバイルスクリーン」(株式会社 ALBEDO 製)という製品が発表された。

ハイゲインモバイルスクリーンは、従来のスクリーンに比べ4〜6倍明るく表示され、また外光によるコントラスト低下を抑えてくれるという。

スクリーンに当たるプロジェクタからの光と室内灯の入射角の違いを利用して、プロジェクタの投射光は視聴者の方向に絞って反射、室内灯などの上方からの光は下方へ反射させることで、高輝度・高コントラストを実現しているという。

サイズは14インチ相当(1万9,800円)、20インチ相当(3万3,800円)と、モバイル向けなのでかなり小さいが、暗くしきれない部屋や社外でのプレゼン、輝度の低いプロジェクタなどで利用するには便利な製品だろう。

ハイゲインモバイルスクリーン
ハイゲインモバイルスクリーン
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.