Business

ビジネス

Cisco、動画配信需要に応えるハイエンド ルーター投入

Sean Michael Kerner
2008年11月12日 / 12:30
 
 
トラフィック需要の高まりに合わせて、より大きな帯域幅を提供するネットワーク製品が増えている。

そして Cisco Systems は11日、毎秒6.4テラビット (6.4Tbps) という途方もない総サービス容量を備えた、新しいハイエンド エッジ ルーター『Cisco Aggregation Services Router (ASR) 9000 Series』を発表した。

ASR 9000 は、動画配信に最適化した専用モジュールを備えているほか、移動体通信ネットワークの基地局ルーターと統合し、モバイルサービスのエンド ユーザーに優れたワイヤレス体験を提供することも可能だ。ASR 9000 の投入は、事業者がより密度の高いプラットフォームに設備を統合しつつ、ユーザーの要望に応えるのを支援する、Cisco の全社的な取り組みの一環でもある。

Cisco のサービス プロバイダ マーケティング担当上級ディレクタを務める Doug Webster 氏は取材に対し、「容量は、ネットワークのボトルネック緩和を支える主要な要素だ」と述べている。

また同氏によると、「ちなみに ASR 9000 は、ロサンゼルスの全世帯に高品位動画ストリームを同時配信できる容量を備えている。つまり途方もない力を持つわけだが、インテリジェンスとのバランスもとれている」という。

今回のリリースの背景には、ますます激しさを増している Juniper Networks と同社が展開する『T1600』ルーターとの競争がある。Juniper のルーターは、通信事業者向けネットワーク機器市場のシェアをめぐる Juniper と Cisco の争いの鍵を握る製品だ。

Cisco は今年3月、『ASR 1000』を投入しており、今回の ASR 9000 は ASR 製品ラインで2つめの主要製品となる。Cisco の CEO (最高経営責任者) John Chambers 氏は ASR 1000 発表当時、ASR プラットフォームの開発にかかった費用は2億5000万ドルで、そのうち1億ドルを同プラットフォームの核となる『Quantum Flow』プロセッサに注ぎ込んだと語っていた。
【関連記事】
Juniper、仮想化を使ったデータセンター統合製品を発表
Cisco の8-10月期決算は増収減益、業績低迷への対応方針を発表
Sun と Cisco の幹部、ネットワーク機器の新興企業に参加
NetApp のストレージが FCoE に対応―Cisco Nexus 5020へも対応
Cisco Systems のビジネス コンテスト、大学生が優勝

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites