japan.internet.com
ビジネス2008年10月16日 12:40

数々の新機能を備えた『Mozilla Firefox 3.1 Beta 1』がリリース

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20081016/10.html
著者:Sean Michael Kerner
海外internet.com発の記事
Mozilla は14日、『Mozilla Firefox 3.1 Beta 1』をリリースした。Mozilla の「Web Tech」Blog 14日付記事によれば、今回のリリースには「開発者向けの新機能が数多く盛り込まれている」という。

新機能でまず目に付いたのは、『JavaScript API』による位置確認機能だ。『JavaScript』を使って、Web ページからブラウザの位置情報を要求する (素晴らしいアイディアだと思うが、IP アドレスなどを基に Web サイト訪問者の位置確認を行なう単純なジオターゲティングと比べて、どこが大きく違うのかがまだよく分からない)。

次に、『@font-face』と呼ばれる『CSS』プロパティのサポートだ。これは、開発者が特定のトゥルータイプ フォントを指定できるようにする。

さらに、<video> と <audio> という2つの新しい『HTML 5』タグが追加された。Web の初期から音声や動画は <embed> タグを使って埋め込まれてきたが、今回 Firefox 3.1 でサポートされた2つのタグにより、音声/動画の埋め込みが極めて容易になる (ただし現時点でサポートしているのは、『Windows Media』や『QuickTime』対応のマルチメディア ファイルではなく『OGG』ファイルのようだ)。

セキュリティ関連で目新しいのは、『W3C XHR』(XML over HTTP Request) によるアクセス コントロールが採用されていることだ。前述の Web-Tech Blog の記事には、以下のような記述がある。

「Web 開発者たちは、長い間、複数のサイトから次々とデータを取得できるようになりたいと願ってきた。しかし、要求タイプの多くが同一生成元ポリシーによる制約を受けるため、多くの開発者たちはコンテンツのマッシュアップを実現できなかった。今回導入された新しいアクセス コントロール機構は、サーバー、コンテンツ、Web クライアントが連携することにより、オプトイン方式で新しいことを実現できるようにするものだ」

素晴らしい新機能はまだある。

それは、『Google Chrome』を完全に打ち負かすような、超高速 JavaScript エンジン『TraceMonkey』がついに搭載されたことだ。TraceMonkey によって Firefox 3.1 は、今までで最も高速な Firefox となりそうだ。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.