japan.internet.com
ビジネス2008年3月11日 13:00

IBM、統一型コミュニケーション戦略に10億ドルを投入

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20080311/11.html
著者:Judy Mottl
海外internet.com発の記事
IBM は10日、Microsoft など統一型コミュニケーション (UC) 市場におけるライバルとの競争力強化のため、10億ドルを投じると明らかにした。会見では、同社のコミュニケーション プラットフォーム『Lotus Sametime』の強化版についても発表があった。

企業向けのソフトウェアとサービスという有望な市場では、Microsoft などの競合相手が優位に立っており、IBM は劣勢を余儀なくされている。業界調査会社の IDC によると、市場規模は2011年までに170億ドルに及ぶ見通しという。

IBM 幹部は、UC ツールが企業にとって「欠くことのできない重要なもの」になりつつあり、とりわけ業務環境が複雑化している企業にとってはなおさらだと指摘した。

IBM Lotus のゼネラル マネージャ Mark Rhodin 氏は「企業の従業員の中に市場があり、相乗効果の変化が起きている。業務環境は分散化と仮想化が進んでおり、当社はそのような環境でも容易に成果が出せることを目指している」と語った。

今回明らかになった多大な研究開発投資は、3年間かけて行なうもので、競合相手の Microsoft を釘付けにする狙いがある。

Microsoft は『Exchange Server』により、企業向けコミュニケーション市場で大きなシェアを占めているが、同社は Exchange と、人気の生産性スイート『Office』の成功をてこに、UC 市場での優位性をさらに高めようとしている。

だが、IBM のソフトウェア担当副社長 Steve Mills 氏は「当社のアプローチは異なる」と述べ、IBM は「キャリア グレード」のベンダーで、UC インフラにおいて必要な信頼性、拡張性、セキュリティ、バックアップ/復旧の要求基準を満たすことができると語った。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.