Business

ビジネス

伊藤忠テクノソリューションズ、VMware・ストラタスなどの仮想化技術を用いたソリューションを提供開始

japan.internet.com 編集部
2008年1月28日 / 17:00
 
伊藤忠テクノソリューションズは2008年1月28日、仮想化ソリューションとして、大規模システム向けの「FX Pool(FLEX server Pool)」および「NV Pool(Non-stop Virtual-server Pool)」の販売を2月1日より開始すると発表した。

FX Pool は、イージェネラの仮想化ブレードサーバー「BladeFrame EX」シリーズおよび「BladeFrame ES」シリーズと、EMC ジャパンの SAN ストレージ製品「CLARiX」および「Symmetrix」シリーズを組み合わせた仮想化ソリューション。

仮想化技術により大規模システムにも対応。イージェネラの仮想化ブレードサーバーは、それぞれ1筐体あたり384CPU コアで 2,304GB メモリ、最大 96CPU コアで 576GB メモリまで実装できる。

一方、NV Pool は、ヴイエムウェアの仮想化インフラストラクチャソフトウエア「VMware Infrastructure 3」を中心に、日本ストラタステクノロジーの無停止型サーバー「ftServer」シリーズと、EMC の SAN ストレージ製品 CLARiX および Symmetrix シリーズを組み合わせた仮想化ソリューションとなっている。

2008年1月にリリースされたヴイエムウェア対応の最新機種「ftServer 6200システム」および「ftServer 4400システム」を採用し、システム障害に備えている。

最小構成価格は、NV Pool が900万円から、FX Pool が1,400万円から。
【関連記事】
オープンソースソフトウェアで実現するサーバー仮想化技術――3
VMware、アプリケーション仮想化の Thinstall 買収へ
ネイティブアプリを仮想化で USB に、フリービットが「MyVPN USB ノード」に仮想化技術を導入
F5、9月に買収のファイル仮想化「Acopia」の国内販売を開始
仮想化に沸いた2007年

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites