japan.internet.com
ビジネス2008年1月24日 13:00

SAP が IBM と提携、『Lotus Notes』と SAP 製品の連携実現へ

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20080124/11.html
著者:Larry Barrett
海外internet.com発の記事
IBMSAP は22日、IBM のデスクトップ クライアント製品『Lotus Notes』を通じて『SAP Business Suite』にアクセスできるアプリケーション『Atlantic』(開発コード名) の共同開発計画を発表した。

Atlantic は、『Lotus Domino』サーバーを通じて、普段から Eメールやスケジュール管理やインスタント メッセージ (IM) の送受信などに用いている、使い慣れた Lotus Notes アプリケーションから、ワークフロー、レポート、分析といった SAP のビジネスアプリケーションを利用できるようにするものだ。これは、Microsoft と SAP が1年半以上前にリリースした『Duet』の持つ機能性および利便性と同種のものといえる。Duet は、『Exchange』環境の『Outlook』ユーザーが、SAP のアプリケーションを利用できるようにした製品だ。

IBM と SAP は、フロリダ州オーランドで開催中の『Lotusphere 2008』(20-24日) で発表を行ない、両社のアプリケーション スイートを併用している多くの顧客から、このクロスプラットフォーム機能に対する要望が、何年も前から出ていたと述べた。IBM によると、同社の顧客企業上位100社の大部分が、SAP の経営資源管理 (ERP) ソフトウェアも使用しているという。

SAP の最高技術責任者 (CTO) Vishal Sikka 氏は、次のように述べている。「Lotus は20年前からコラボレーションの分野で革新を生み出し続けている。今回の IBM との提携は、各利用者の選ぶ生産性ツールおよびユーザーインターフェースを通じ、当社製品のビジネスプロセスやデータを容易に利用できる手段をわれわれが提供することを示す、素晴らしい実例だ」

IBM によると、企業における統一コミュニケーションあるいはコラボレーションに Lotus Notes を利用している個々のユーザー数は、1億3500万人を超えているという。

Atlantic が最初にサポートするのは、SAP のワークフロー、レポート、分析機能のみだが、両社は今後のリリースで、他のツールにも対応してコラボレーション機能を拡充するとともに、Notes/Domino 製品ラインの持つオフライン機能の活用も追加していく計画だ。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.