Business

ビジネス

【中国】07年のQ版ネットゲーム市場、話題作相次ぎ大荒れに

株式会社 日中経済通信
2007年11月15日 / 15:00
 
 
Q版ネットゲーム市場は2007年、「春秋Q伝」「大話戦国」「大話西遊3」「QQ 三国」「開心」などの話題作が次々に登場し、大荒れとなったことを13日、「北京娯楽信報」が報じた。

「大話戦国」は同種のテーマが氾濫しているため、市場動向はやや尻すぼみぎみに見える。一方、金山軟件有限公司(キングソフト)の「春秋Q伝」は2007年、一挙に成功を遂げた。同ゲームは発売後、公開テスト期間中に10万人の大台を達成しただけでなく、「2007年金リン賞」の最優秀Q版ネットゲーム賞を獲得した。

また今年の大型ゲーム「大話西遊3」は、網易公司(NetEase)が非常に重視した製品で、公開テストを宣言した前後わずか2か月間でインターネット広告への投入は1,000万元以上に達した。これにはその他の宣伝費用は含まれない。

また「QQ 三国」「開心」はこのたび公開テストを開始し、高い市場競争力を備えている。


記事提供:日中経済通信
【関連記事】
【中国】チャイナモバイル、爆発的人気の Apple「iPhone」導入に向け協議
【中国】電子製品のサンプリング検査、三洋とノアの製品が不合格
【中国】「メイドイン重慶」3Gチップ、上海で2万個の生産完了
【中国】TD-SCDMA が一歩リード、WiMAX の製品化08年下半期以降に
【中国】HSDPA 関連の測定試験でチャイナモバイルなど4社が高評価

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites