Business

ビジネス

「黒字化は全くできていない」〜ニコ動が初の本格的バージョンアップ

japan.internet.com 編集部
2007年10月11日 / 15:30
 
ニワンゴが運営する「ニコニコ動画(RC)」は、2007年10月10日、初の本格的なバージョンアップを行い「ニコニコ動画(RC2)」となる。これに先駆けて、同日、一般ユーザーも集めた「ニコニコ動画(RC2)発表会」が開催された。

ドワンゴ
代表取締役社長
小林宏氏
挨拶に登壇したドワンゴ代表取締役社長 小林宏氏は、子会社であるニワンゴを含めたドワンゴは「ネットに生きる人の会社である」とし、「今後はネット世界に生きる会社がネット世界を支配するようになる」と述べた。

続いて、ドワンゴのニコニコ事業部長で、ニワンゴ代表取締役副社長である杉本誠司氏が登壇し、ニコニコ動画の近況を報告した。

ニコニコ動画の会員数は2007年10月9日時点で342万人。1日の平均利用状況は、PV 数は約5,500万 PV、訪問者数は120万人、動画再生回数は2,200万回、コメント回数は320万件、平均滞在時間は約1時間に上っている。ネットレイティングスの調査では、平均サイト滞在時間は YouTube を越えている。

ニワンゴ
代表取締役副社長
杉本誠司氏
なお、モバイル版の「ニコニコモバイル」は、利用者数43万人(NTT ドコモ:27万人、au:16万人)、1日あたりの閲覧は20万 PV を越えている。

事業に関しては、有料会員サービスの「ニコニコプレミアム」の会員が10月9日に10万3,000人を突破、EC モデルの「ニコニコ市場」は、一般会員への開放以降、順調に広告掲載数が増加中で、バナーなどを中心とした広告モデルは1,800万円規模に成長している。

しかし、未だ黒字化は達成されておらず、ドワンゴ小林社長は「黒字化は全くできていない。来期中の黒字化を目指す」と述べている。

先に発表された権利問題への対応に関しては、これまでどおり、知的財産権の保護は依頼に応じる形を中心として行っていくのに加え、コンテンツホルダー数社と話し合いを進め、監視・削除体制を強化するほか、権利侵害対策プログラム、啓蒙活動を強化していくという。

特にコンテンツホルダーとの協力は、権利保護ばかりでなく、吉本興業グループとは「よしよし動画(仮)」を共同運営し、オーディションやお笑いライブなどの映像配信を行うという。

それ以外にも、エイベックス・エンタテインメント、Viacom International Japan、エンドレス・コミュニケーションズ、TOKYO FM グループ、ショックウェーブ エンターテインメント、ランティス、ジェンコといった企業・グループとの公式動画配信企画の展開が予定されている。

続いて、ニワンゴ取締役の西村博之氏が登壇、ニコニコ動画(RC2)の機能説明を行った。2ちゃんねる管理人として人気を集める西村氏の登壇前には、豪華なプロモーションビデオが上映された。

ニワンゴ取締役 西村博之氏


このプロモーションビデオは YouTube を強く意識した文言がちりばめられたものであったが、西村氏は「YouTube に対抗しようとは思っていない。どちらかというとニコニコの育ての親だと思っている」と、YouTube への対抗意識を否定。

西村氏は、ニコニコ動画の目標を「ネット上に、新しい“生活の場”を創る」こととしており、ニコニコ動画を、新聞やラジオなどの既存メディアに触れない人のためのメディアと位置づけている。

これまでニコニコ動画は「γ」での YouTube からのアクセス拒否への対応、「RC」での回線コスト負担を補う有料会員導入など、「受身の改良」しか行ってこなかった。今回の「RC2」はまさに「初の本格的なバージョンアップ」というわけだ。

ニコニコ動画(RC2)では、タグ、動画ランキング、市場ランキングをカテゴリ別に表示するほか、11月にはユーザーからの要望が高かったという「NG ワード・NG ID 設定」機能が追加され、不快なコメントを排除できるようになる。

また、前日に突然テスト導入された「ニコニコ割り込み(ニコ割)」は、アクセスされている全動画視聴者に、リアルタイム情報を同時伝達する新機能。テスト導入では、概ね好評を得ているという。

また10日より追加された機能として「投稿者専用コメント」も紹介された。投稿者専用コメントは、その動画を投稿したユーザーのみが使えるコメント機能で、閲覧者からのコメントが増加しても消えることはない。

この「投稿者専用コメント」には、特殊なコメントの入力により、窓、投票、動画ジャンプなどの機能が追加される予定で、それらは「ニコスクリプト」と名づけられている。

投稿者専用コメントは、投稿に関しては一般会員でも可能、閲覧はプレミアム会員と投稿者本人のみが可能だ。ニコニコ市場のケースと同様、まずはプレミアム会員向けに先行導入される。

そのほか、「国際ニコニコ映画祭」の開催や、台湾対応から始まる海外進出に関しても発表、RC2 以降の強化としては、2007年12月には「ニコニコ動画(RC2)サービス・パック1」をリリースするという。

「ニコニコ動画(RC2)サービス・パック1」では、ニコスクリプトが強化されるほか、株式会社インターネットとの共同開発による動画編集ソフトを提供、RC2 で搭載された機能のバージョンアップも行われる予定となっている。
【関連記事】
「ニコニコブックマーク」終了していた
ニコニコ動画、投稿動画の権利保護について権利者との対話を強化
ニコニコ動画、10月1日のメンテナンス終了後、JCB 決済に対応
コーレル、デジカメ活用ソフトを無償で提供開始
ニコニコ動画で10月上旬より MTV コンテンツの視聴開始

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites