japan.internet.com
ビジネス2007年6月25日 16:20

ウィキペディアをベースに3Dキャラと会話「エージェントまめしば」

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20070625/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
エージェントガレージ株式会社は、2007年6月25日、日本語版ウィキペディアのキーワードをもとに、3Dキャラクターと会話を楽しむ「エージェントまめしば」サービスの試験運用を開始致した。

エージェントガレージは、Web システムの研究開発・運営を行っており、「Web に人間らしく振舞うキャラクターを登場させたい」という願いから、3Dキャラクターを制作、これを活用したオリジナルサービスを展開している。

試験運用を開始した「エージェントまめしば」は、日本語版ウィキペディアを利用した、Web アプリ型コミュニケーションゲーム。

日々更新を続けるウィキペディアのキーワードをもとに、3Dキャラクターと会話できる。気になるキーワードや流行のキーワードをキャラクターに話しかけてやると、会話ができるだけ成り立つようなキーワードを返すので、それに答えてキーワードをキャッチボールできる。

会話中に、キーワードのリンクを押すと、日本語版ウィキペディアを読むこともできる。また、会話内のキーワードを学習して、エスプリの効いた会話ができるようになるという。

会話に使用するキーワードは自由に指定できるほか、表示されているランキングなどから選択することも可能。

「エージェントまめしば」サービスの Flash アプリ本体、および利用料は無料。ユーザー登録により使用開始できる。

エージェントまめしば
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.