Business

ビジネス

IBM と Microsoft が Eメール アーカイブシステムで提携

Clint Boulton
2006年10月19日 / 11:00
 
 
ストレージ製品に関して協業、と聞いて IBM (NYSE:IBM) と Microsoft (NASDAQ:MSFT) を思い浮かべるのは一般的ではないだろう。

Dell と EMC ? これなら常識的だ。しかし IBM と Microsoft という組み合わせに、ハイテク業界は驚きの声をあげた。

IBM および Microsoft によると、両社は今後、『IBM System Storage DS4200 Express』に『IBM System Storage Archive Manager』および Microsoft の『Windows Server』OS をあらかじめ搭載して、フル機能の Eメール アーカイブシステムとして販売していくという。

計画中のシステムでは、中規模以上の企業が Eメールを長期にわたって保存することが可能になる。これは、Eメールをはじめとするさまざまなファイルの保存について、法規制が強化されている昨今において重要な業務だ。

IBM のストレージ ソフトウェア担当シニア テクニカル スタッフである Gordon Arnold 氏は、IBM が今回の契約で Microsoft のパートナー ネットワーク企業となり、Windows 環境に同社のストレージおよび Eメール アーカイブ ソフトウェアを搭載できるようになる、と説明する。

Arnold 氏によると、これは両社の提携成果の第一弾に過ぎないという。両社は今後協力して、企業にデータの制御/保存を容易にするソリューションを多数提供していく、と同氏は語った。

「それについてはまだ話せる段階ではないが、Microsoft と協力してやろうとしていることはいろいろある。Microsoft と IBM はともに、Windows (システム) を利用する顧客に対して、管理/セキュリティ/アプリケーションを統合したよりよい環境を提供できる、という考えで一致している」と、Arnold 氏は言う。

DS4200 は、基本ストレージ容量が4テラバイトと8テラバイトから選択でき、さらにモジュールで拡張することが可能だ。

新システムは、2007年第1四半期に IBM および同社のビジネス パートナーを通じて発売される予定で、価格は5万5000ドルからとなる。IBM の Eメール検索システムをオプションで付ける場合、2000ドルが追加される。

契約の金銭的条件は明らかになっていない。
【関連記事】
Microsoft、HD 仮想化技術のソースコードを公開
「Microsoft と Adobe は直接話し合うべき」と EU
IBM、業務情報活用を支援する『IBM Information Server』を発表
『Windows Vista』、ヨーロッパと韓国でも予定通り出荷の見通し
IBM、イラク駐留米軍に音声自動翻訳システムを納入

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites