Business

ビジネス

日本オラクル、JD Edwards 製品で中堅企業向けビジネスの新戦略

japan.internet.com 編集部
2006年7月24日 / 16:10
 
日本オラクルと日本オラクルインフォメーションシステムズ(旧日本 ピープルソフト)は2006年7月24日、 中堅企業向けアプリケーションビジネスの新戦略を発表した。

年商100億円から年商1,000億円企業を中堅企業として位置付け、 アプリケーションビジネス事業の中核を支える一市場としてビジネスを展開する意向で、 同日発表した中堅企業向け統合 ERP パッケージ最新版「JD Edwards EnterpriseOne 8.12」と、 「Oracle E-Business Suite」短期導入ソリューション「Oracle NeO」を活用したソリューションを提案する。

JD Edwards EnterpriseOne 8.12 は汎用的基幹業務システムとして、 Oracle NeO は建設業界や流通業界などの産業分野、 日本版 SOX 法対応など特定目的向けソリューションとして提供される。

また、 中堅企業向けビジネス専任組織と「Oracle Applications」専任コンタクトセンターを設置して組織体制の強化する。 アプリケーション統括本部内には Oracle Applications 専任の「Oracle Direct」を新設する。

JD Edwards EnterpriseOne は、 中堅企業向けの単一 IT 環境下でのオールインワン型ソリューション。 必要なモジュール単位で導入してシステムを拡張でき、 カスタマイズや変更もプログラミング不要。

今回のバージョンアップで「Oracle Fusion Middleware」に対応、 また、 従来の財務会計を中心とした購買/生産/在庫/販売管理アプリケーションに加え、 営業支援アプリケーションとサービス管理アプリケーションが追加された。

さらに、JD Edwards EnterpriseOne 導入パッケージ「JD Edwards EnterpriseOne Rapid Start」も拡充された。

対応プラットフォームは、 Windows Server 2003(x86)、HP-UX、AIX、Solaris、i5/OS。
【関連記事】
ソフトクリエイトの Web 入力フォーム開発ツール、Oracle プラグインに
SAP ジャパン、PeopleSoft や Siebel ユーザーに移行プログラムを
日本オラクルが BI で専任部隊、有料の導入支援サービスも開始
日本オラクル、BI システム構築に向けたデータウェアハウス設計・構築ツールを発表
日本オラクル、統合 BI 基盤の上位エディションを発表

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites