japan.internet.com
ビジネス2006年6月28日 13:10

病院や HMO の評価情報を一般公開、ニューヨーク州で

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20060628/12.html
著者:Michael Hickins
海外internet.com発の記事
ニューヨーク州の人々は、地元の病院の質が他に比べてどうか、医療費が高過ぎないかなど、思い煩わずにすむようになった。

それは、New York State Health Accountability Foundation (NYSHAF) が26日、ニューヨーク州内の健康維持機構 (HMO) や病院が提供する医療サービスの質に関するインタラクティブなレポートカード『New York State Health Care Report Card』を公開したからだ。

州政府からの助成金6万ドルを基に、『FreeBSD』『Apache』『MySQL』『PHP』などオープンソース技術を使って構築した同レポートカードの Web サイトは、州内の HMO や病院が提供する医療サービスの「質」「規模」「入院期間」「医療費用」などに関するデータを、郡ごとに検索できる形で提供している。

消費者や医療関係者は、調べたい郡を検索して、郡内にある HMO や病院の医療環境や医療処置に関する提供範囲を比較したり、州平均や全米平均と比べたりできる。

また、個々の病院や HMO の「質」「費用」「医薬品や設備の使い方」「患者の満足度」など、さまざまなデータを閲覧することも可能だ。これらデータには、各 HMO の「公称」平均治療費や保険料も入っている。また医療費補助プログラム『Medicaid』による払い戻し情報も分かる。

New York State Health Care Report Card を作成した医療品質向上団体 IPRO の副会長 Anthony Shih 氏は、同レポートカードの主目的について、「医療の効率に関する意見交換を活発化させる」ことにあると説明した。

Shih 氏によると、消費者は医療サービスを選ぶ際、他の買い物と違い、費用を度外視して質を重視しがちだと指摘し、次のように述べている。

「重要なのは、費用と質の均衡点を見つけることだ。今まで医療分野では、そうした視点がなかった。われわれの最終目標は、個々の病院や HMO の医療効率を表す形で質および費用の情報を提供することにある」
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.