japan.internet.com
ビジネス2006年6月22日 14:00

MS が Creative Commons のライセンス設定機能を提供

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20060622/11.html
著者:Ed Sutherland
海外internet.com発の記事
Microsoft は20日、『Microsoft Office Word』『同 Excel』『同 PowerPoint』のユーザーが作成したドキュメントに、非営利団体 Creative Commons の著作権ライセンス情報を簡単に加えられる無料ツールの提供を開始した。

Microsoft がリリースしたアドインツールは、上記の Office アプリケーションで作成したコンテンツに、著作権ライセンスを付加できるようにするものだ。

スタンフォード大学ロースクール教授 Lawrence Lessig 氏が2001年に創設した Creative Commons は、アーティストが自作品の著作権を保持し、他者による作品の商業利用や二次使用について、許可したり制限を加えたりできるライセンス条件提示の枠組みを提供している。

Microsoft の広報は、現時点で『2007 Microsoft Office system』(Office 2007) に同ツールを搭載する予定はないが、顧客の要望に応じて検討したいと述べている。同社によれば、Office ユーザーは現在、世界に4億人いるという。

同社はこのツールを通じて、アイデアの共有を妨げる国境や文化の壁を取り除きたい、と述べている。

Microsoft の Information Worker 事業戦略担当ゼネラルマネージャ、Alan Yates 氏は声明の中で、同社と Creative Commons の提携は「営利企業と非営利団体が力を合わせて、革新的なアイデアやツールを公衆に提供できることを立派に証明する」ものだと語っている。

今回のツールは、Blog 作成者やアーティストのコミュニティにおいて、Creative Commons のライセンス利用が広まっていることを裏付ける証左ともいえる。

とはいえ、Microsoft が Creative Commons のライセンス形式を採用するのは今回が初めてではない。

同社は昨年6月、次期 OS『Longhorn』において、RSS の拡張仕様を Creative Commons のライセンスを使って無償提供する計画を発表している。これは、同社が RSS という使用料フリーの規格に対して、その本質を損なわずにサポートを提供する姿勢を示すものと受け取られている。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.