Business

ビジネス

Dell の AMD 製プロセッサ採用表明に、業界の反応は?

David Needle
2006年5月22日 / 09:00
 
 
コンピュータメーカー大手の Dell (NASDAQ:DELL) が18日に発表した決算報告の中で、ついに Intel (NASDAQ:INTC) 製プロセッサだけでなく、AMD (NYSE:AMD) 製プロセッサも採用する計画を明らかにしたのは、すでにお伝えした通りだ。そこで Dell の方針転換について、競合相手やアナリストなど業界の反応を一部紹介しよう。

Dell の CEO (最高経営責任者) Kevin Rollins 氏はアナリストとの電話会見で、いつになったら AMD 製プロセッサを採用するのかという問い合わせが、これまで数多くあったことを認めた。「わが社がどの製品を採用するかという質問は常にある。AMD は非常に成功しているため、採用を決めた」と Rollins 氏は述べ、AMD 製『Opteron』プロセッサが市場で「はっきり受け入れられている」点を付け加えた。

同氏の言う「AMD の成功」は、これまで Dell の競合相手 Hewlett-Packard (HP) や Sun Microsystems (NASDAQ:SUNW) が享受していた。

Sun の x64 (64ビット拡張 x86 アーキテクチャ) サーバー担当上級ディレクタ Graham Lovell 氏は取材に応え、Dell の発表について次のように語った。「(Intel と AMD の) 製品ロードマップが異なることを考えても、成功するには AMD 製品の採用が必要ということを証明するものだ。Dell は、マルチプロセッサ搭載の企業向け製品で苦戦しているように思える。わが社は同分野に強く、特に専門性の高い市場におけるマルチプロセッサ搭載サーバー分野で、Dell よりも健闘している」

また HP (NYSE:HPQ) は、Intel と AMD 両社のプロセッサを幅広いシステムに採用しており、Opteron プロセッサ搭載サーバーではトップクラスのメーカーだ。同社は取材に対し、Dell の新方針は「当社のビジネスモデルが持つ強みを認めるもの」と述べた。

次に IT 業界に詳しい調査会社 Pund-IT の主席アナリスト Charles King 氏によると、Dell の動きは AMD 製品の採用が増えつつあることを示す、新たな証左という。

「AMD が最初の64ビット (64ビット拡張) プロセッサをリリースした際、Intel が調子を取り戻せば、これまで通り AMD を圧倒するだろうというのが、当時の大多数の見方だった。しかし Opteron については、そうならなかった」と King 氏は述べた。

AMD は、2006年後半に Opteron プロセッサの新製品をリリースする予定だと発表しており、Dell が採用するのは、この新製品になる可能性が高い。基本的に Dell は、これまで AMD 製プロセッサを採用していなかったが、9日に AMD 製プロセッサを搭載したゲームなどの用途向け高性能システムを販売する Alienware を買収して子会社化しているため、事実上すでに AMD の顧客になっていたといえる。
【関連記事】
Dell、決算発表で AMD 製プロセッサ採用計画を明らかに
フリースケール、車載機器など向けオーディオプロセッサ「MCF5251」
モバイル用64ビット拡張デュアルコアプロセッサ、AMD が出荷開始
1割は未だ Win98/Me、3割が「Intel Mac、聞いたことない」〜OS 調査
組込み Linux 開発者支援の「LinuxLink」が「i.MX31」をサポート

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites