Business

ビジネス

OpenOffice.org 2.0.2、日本語版が正式リリース

japan.internet.com 編集部
2006年4月3日 / 18:00
 
OpenOffice.org コミュニティは3日、オープンソース オフィスの最新版「OpenOffice.org 2.0.2」日本語版をリリースした。

新バージョンでは、新機能追加と不具合改善が施されている。スペルチェック辞書統合により追加インストールが不要になったほか、Linux 版では専用のフォントを持たなくても太字/斜体を表示できるようになった。欧米系言語版では、Quattro Pro 6 と Microsoft Word2 のインポートフィルタを追加した。

OpenOffice.org 2.0.2 は、オープンソースライセンス(LGPL)で配布されており、誰でも無償で入手でき、自由に改良/修正/再配布を行える。

対応 OS は、Windows98/Me/XP/2000/NT4、Linux (x86)。その他のプラットフォームについても順次公開していく予定だ。
【関連記事】
NTT データ、オープンソースの運用管理ツール「Hinemos」最新版を公開
JBoss、メッセージングおよび Web サーバー新製品をリリース
Adobe、オープンソースによる「Flex-Ajax Bridge」配布を開始
Sun、『UltraSPARC T1』プロセッサの仕様を公開
Zend Framework サイト開設とプレビュー版の配布を開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites