japan.internet.com
ビジネス2006年3月14日 17:30

人力検索はてながリニューアル、画像質問やクロス集計アンケートなど機能拡張

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20060314/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
株式会社はてなは13日、Q&A サイト「人力検索はてな」をリニューアルし、新たなドメインで運用開始した。

人力検索はてなは、2001年7月に会社設立と同時にスタートしたサービス。質問者が知りたい情報について話し言葉で質問し、他ユーザーが回答する知識共有型のコミュニティだが、1ポイント=1円の「はてなポイント」を用いる有料サービスが特徴。2006年3月現在、総質問数は10万6,000件、人力検索の総回答数は50万1,000件、アンケート回答数は137万6,000件にものぼる。

今回のリニューアルでは、画像による質問機能やクロス集計が可能なアンケート機能の高度化、掲示板型の質問形式の追加、質問料の支払い方法、手数料変更などに加え、ドメインも「http://www.hatena.ne.jp/q」から「http://q.hatena.ne.jp/」に変更している。

これまでの人力検索は、質問を締め切るまで随時回答が登録される仕組み。リニューアルでは、「予想以上に多く回答が寄せられた」「支払いポイント数が予算を超えた」といった声に応え、質問登録時に予算に応じて「100ポイント(回答5件)」「150ポイント(回答10件)」といった受付回答数上限が設定可能となった。また、手数料は支払いポイント総数の5%となる。

画像による質問機能では、「この花は何ですか」といった画像を指しての質問が可能。これまで回答に URL 記載が必須だった条件を撤廃し、質問者の設定によってはテキストのみの回答も受付るようになった。

また、高度化したアンケートは、択一形式と複数選択形式の設問設定が行える。性別、年代、地域別条件設定、クロス集計も可能となった。さらに、アイデア出しやあるテーマに対する意見募集に特化した「いわし」という掲示板形式の質問タイプも追加し、ビジネスシーンでのリサーチや情報収集での利用拡大も見込む。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.