Business

ビジネス

ライブドア、電子メールソフト「Eudora」最新版に誤送信対策

japan.internet.com 編集部
2006年1月13日 / 13:40
 
株式会社ライブドアは12日、電子メールソフト「Eudora」の最新版を2月10日より販売開始する、と発表した。

Windows 版の最新バージョン「Eudora 7J for Windows」には、送信時に注意すべきアドレスが宛先に含まれていると警告を表示する「ウッカリ送信防止機能」、届いたメールの内容を Web、辞書、翻訳、地図、DVD レンタルなどで検索可能な「Web 検索機能」、メールボックスに溜まった古いメールを自動で整理する「自動メールボックス整理機能」などが追加された。

また、学習型の迷惑メール振り分け機能、フィッシングを防ぐ URL チェッカー機能、独自のメール表示機能など、高いセキュリティも特徴だ。

価格は、通常版が8,379円、アップグレード版が6,279円、2ユーザーパックが1万3,440円、アカデミック版が5,460円。新規ダウンロード版は6,090円、バージョンアップ版は3,150円(すべて総額)。なお、2005年12月1日以降に Eudora 6.2J for Windows を購入したユーザーは無償バージョンアップが可能。
【関連記事】
ライブドア、「livedoor フレパ」のモバイル版をオープン
ライブドア、Blog 作成サービスに法人向け有料プランを追加
livedoor Blog、サービス開始2周年で登録ユーザー数が100万に
ライブドアとSDI、中国向けネット広告やリサーチサービスで提携
9割以上がライブドアや楽天の「放送と通信の融合」に関心あり

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites