Business

ビジネス

OpenOffice.org のコミュニティマネージャ、「2.0 は一つのマイルストーン」

japan.internet.com 編集部
2005年11月2日 / 11:00
 
Louis Suarez-Potts 氏
オープンオフィス日本ユーザー会は1日、OpenOffice.org コミュニティマネージャ Louis Suarez-Potts 氏を招き、先ごろリリースされたオフィススイート最新版「OpenOffice.org 2.0」に関するプレスブリーフィングを開いた。

OpenOffice.org 2.0 で、私たちは一つのマイルストーンに到達した―― この席で Suarez-Potts 氏は改めて OpenOffice.org 2.0 がいかに重要なものか、4つの特長を挙げながら語った。

同氏によれば、OpenOffice.org 2.0 の優れている点はまず第一にそれが「Free であり、Open Source であること」だ。OpenOffice.org 2.0 は誰でも無料で利用することができ、自由に使用・配布できるアプリケーションである。また、OpenOffice.org 2.0 を利用する際には、サンやグッデイなどの企業とサポート契約を結ぶこともできる。

さらに OpenOffice.org 2.0 はさまざまなアプリケーションを含むスイートであり、MicrosoftOffice、WordPerfect、StarSuite などと連携し、Windows、Linux、Mac OS X といった OSで動作することができる。

そして、最も重要なことは OASIS 標準 OpenDocument ファイル形式(ODF)を使っている点。このことは、現時点で ODF 形式で保存されたファイルはこの先数十年に渡って読めることを意味しているという。オープンソースにおいては自分の物は常に自分の物のまま―― Suarez-Potts 氏はその理由を「ODF の存在が市場に依存しないからだ」と述べる。一方、独占的な形式を使うことについては「控えめに言っても、無責任だ」と切り捨てた。

最後に Suarez-Potts 氏はこう語った。

「オープンソースで未来は自分のものになり、独占的手段では未来が Bill のものになる。さあ、あなたのものにしましょう」
【関連記事】
DB 付き「OpenOffice.org」リリース
『OpenOffice.org 2.0』、正式版リリース
Sun と Google が戦略的提携を発表
OpenOffice.org 2.0β2がリリース
OpenOffice.org 2.0β、DB 作成機能 Base が追加

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites