japan.internet.com
ビジネス2005年8月9日 13:00

BEA Systems、『WebLogic Server 9.0』を正式リリース

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20050809/12.html
著者:Clint Boulton
海外internet.com発の記事
BEA Systems は8日、同社基幹製品のアプリケーションサーバー新版『BEA WebLogic Server 9.0』(開発コード名「Diablo」) の最終製品版を出荷開始したと発表した。同社は6月にも、より柔軟性の高いコンピューティングのための製品ファミリ『BEA AquaLogic』を発表したばかりだ。

WebLogic Server 9.0 は業界初の「ダウンタイムなし」を実現したアプリケーションサーバーだ。BEA の製品マーケティング担当副社長 Bill Roth 氏によると、製品のカーネルコードを改善し、新たな機能を追加することで、ダウンタイムをなくすことが可能になったという。

つまり、WebLogic Server 9.0 を使ってアプリケーションを稼動させれば、何らかの障害が発生してもトランザクションを失うことはないということだ。WebLogic Server の旧バージョン、および IBMOracleJBoss といった競合各社のアプリケーションサーバーではこの点は保障されない。

「われわれは、アプリケーションの運用に非常に適した環境を提供するエンタープライズレベルのカーネルを作り上げることに注力した」と Roth 氏は話す。

WebLogic Server 9.0 は高いメッセージ処理能力を誇り、また「並列的な」実装機能によって、ダウンタイムやセッション中断の心配なく、手軽なアプリケーションのアップグレードを可能にする。

そのほか「ホットパッチ」機能も備え、クラスタ内のアプリケーションサーバーを、稼動中のアプリケーションに影響を与えることなくアップグレードすることができる。

UNIX や Linux システム用の配備で先行する (IDC 調べ) BEA だが、これらの新機能により新規顧客を引きつけ、さらに勢力が拡大することを期待している。

また、新機能は BEA にとっても重要な意味を持つ。同社はアプリケーションを「サービス可能」にする、あるいはアプリケーションを本物の Web サービスに転換するインフラストラクチャ ソフトウェアを提供することを、大きな目標として掲げているからだ。そのようなサービス指向アーキテクチャ (SOA) を基盤にすれば、異なるアプリケーション間の通信やアプリケーションの統合を簡便化できる。

WebLogic Server 9.0 は発表と同時に発売となり、価格は1CPU につき495ドルからになるという。BEA の既存顧客は無料でアップグレードできる。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.