japan.internet.com
ビジネス2005年3月28日 00:00

サイボウズ、Skype などが使えるビジネス用グループウェアを発表

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20050328/5.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
国産グループウェアの開発・販売会社、 サイボウズ株式会社は2005年3月28日、 「サイボウズ Office 6.5」を発表した。

Office 6.5 は160万人以上のユーザーを持つ(同社による)、 中小規模向け Web グループウェア製品「サイボウズ Office/AG」の最新版で、 Office 6 は、 ブラウザさえあれば初心者ユーザーでもインターネット経由でスケジュール管理などができる、 「使いやすさ」を目指したビジネス用ソフトウェア。

今回 6.5 では使いやすさに加え、 「安心」「便利」「楽しさ」をテーマにした。

「安心」では、 個人情報漏洩やスパムメールなどの受信を防ぐためにセキュリティ機能を強化して、 「アドレス帳」からユーザーが CSV データをダウンロードする際、 ユーザー ID、IP アドレス、時間などの情報がサーバーに出力されるようになった。 メールは SMTP Authentication に対応、 SMTP サーバーがメールを受信する際、 ユーザーアカウントとパスワード認証を行うようになった。

また、 同社の「ビジネス情報」ポータルサイトをリニューアル、 名称も「サイボウズ NET」に変更してコンテンツを充実させ、 より「便利」にビジネス情報を入手できるようにした。 Office 6.5からサイボウズ NET へのリンクはタブで表示される。 アドレス帳からは、 予め設定した VoIP や Skype の IP 電話アプリケーションを起動させ、 インターネット電話をかけられるようになった。

さらに、 好みに合わせて画面を変えられるように、 新たに音楽をテーマにしたデザインを4つに、 同社のキャラクターであるボウズマンをテーマにしたデザインを用意して、 使う「楽しさ」を追求した。

同社では、 Office 6.5」の発売と Office/AG 導入社数が2万を突破したことを記念し、 3月28日 からキャンペーンを実施する。

製品の体系や価格については変更はない。 Office 6 からは無償でバージョンアップできる。

対応サーバー OS は、 Windows、Linux、FreeBSD、Solaris。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.