Business

ビジネス

Sun、『Java System Communications』のセキュリティを強化

Clint Boulton
2005年2月15日 / 00:00
 
 
Sun Microsystems (NASDAQ:SUNW) は14日、ソフトウェアスイート製品『Sun Java System Communications Suite』のセキュリティ機能を大幅に強化したと発表した。現在開催中の情報セキュリティ会議/展示会、『RSA Conference』(2月14日-18日) を発表の場とすることで、Sun は同イベントへの参加を大々的にアピールしている。

Java System Communications Suite は、Eメール、スケジュール管理、インスタントメッセージ (IM) などのソフトウェアからなる、Sun 独自の企業向けコラボレーションパッケージだ。同スイートは、認証、セッションの暗号化、コンテンツフィルタなど、いくつかのセキュリティ機能をすでに搭載している。

しかし今回、ネットワーク保護を強化し、企業が法令を遵守できるよう、アプリケーションにより高度なユーザープライバシ機能を導入したという。

たとえば、同スイートの Web クライアント『Communications Express』では、Eメール暗号化方式の標準『Secure Multipurpose Internet Mail Extensions』(S/MIME) を新たにサポートするようになった。これにより、ユーザーはメッセージに署名し、暗号化することが可能になる。

また、管理ツール『Delegated Administration』には、アクセス管理製品『Sun Java System Access Manager』を導入し、どのユーザーにどのアプリケーションまたはネットワークへのアクセスを許可するかといった、ポリシーベースの管理が行なえるようにした。これにより、企業の IT 部門は、運用するドメイン上でどのユーザーが何をしていいか決定できるようになる。

法令遵守の分野では、Eメールサーバーソフトウェア『Sun Java System Messaging Server』が、ネットワークファイル共有規格の『NFS』を新たにサポートするようになった。NFS は、異なるコンピュータから共有ファイルへのアクセスを可能にするために、Sun が開発したものだ。NFS をサポートすることで、Sun Java System Messaging Server を Network Appliance の『SnapLock』ソフトウェアなどの法令遵守製品に統合することが可能となり、ユーザーは消去や書き換えに遭う可能性を気にすることなく、Eメールの保存や安全な処理を実行できる。

さらに、Symantec の協力を得て、高性能メッセージ処理と保護機能を結びつけた統合ソリューションを提供している。先述の Sun Java System Messaging Server が、Symantec の『AntiVirus Scan Engine (SAVSE)』と連動することで、ウイルスに感染した Eメールがユーザーの受信箱に侵入する前に検知し、削除することが可能となった。
【関連記事】
インテリシンク、エンタープライズ向け統合モバイルソリューションを
ジェイエムシー、USB キーによる学校内 LAN セキュリティツールを販売
Microsoft、2月の月例セキュリティ情報を公開
OSDL、新しい機能要求定義「DCL1.1」「CGL3.0」を公開
VoIP 業界のセキュリティ新団体 VOIPSA が発足

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites