japan.internet.com
ビジネス2004年12月10日 00:00

開発者向けに、製品の利用促進を図る Oracle

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20041210/12.html
著者:Michael Singer
海外internet.com発の記事
Oracle (NASDAQ:ORCL) が、開発者コミュニティにおける同社製品の利用を促進しようと、新たな開発者向けのツールセットと懸賞プログラムを発表した。

Oracle は、データベースの開発および管理をより簡便にする開発者用プラットフォーム『Project Columbus』を、来年の前半にもリリースすると発表し、併せて『Oracle JDeveloper 10g Release 2』の詳細を明らかにした。JDeveloper 10g の新版は、「JavaServer Faces (JSR-127)」仕様に基づく GUI コンポーネント『Application Development Framework (ADF) Faces』を備える。

Oracle の上級副社長 Charles Rozwat 氏は、今回発表した開発ツールの強化について、Microsoft (NASDAQ:MSFT) が『Visual Studio』シリーズ製品で得ている優位性に対抗するには、GUI を用いる方向で発展させる必要があると認識したためと述べた。

Rozwat 氏によると、そのために進めているのが Project Columbus で、データベースのライフサイクルにおいて、構築/管理/更新の処理を手際よくこなしたいといった開発者のニーズを満たすための、新興プロジェクトと位置づけているという。

Rozwat 氏は、9日までサンフランシスコで開催していた『Oracle OpenWorld』で記者会見に臨み、次のように述べた。「目標は、わが社の製品を導入している多数のデータベース開発者に対して、これまで見過ごしてきたニーズに対応したツールを構築することだ。われわれは、プログラム作成の際に SQL や PL/SQL が利用できる機能性と、GUI を備え利用を簡便化するツールを合わせて提供する」

Rozwat 氏は、この目標を実現するための1ステップとして、Visual Studio 製品を通じて、Oracle のソフトウェアを容易に利用できるようにする契約を、Microsoft と交わしたことも明らかにした。両社の提携により、Oracle のデータベースは Microsoft の『SQL Server』と今まで以上にコラボレートできるようになる。

また同社は、開発者をターゲットに、懸賞プログラム『Oracle Space Sweepstakes』を開始した。この懸賞は、Java プログラムおよび SOA など技術的な知識や、同社の開発製品に関連する設問に答えてもらい、当選者に Space Adventures 提供の高度100キロに及ぶ弾道宇宙飛行をプレゼントするという内容だ。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.