Business

ビジネス

フレッシュアイ、使える機械翻訳を目指して「翻訳サービス」を開始

japan.internet.com 編集部
2004年12月9日 / 00:00
 
株式会社ニューズウォッチは2004年12月8日、 同社の検索ポータルサイト「フレッシュアイ」で英日・日英翻訳サービスを開始した。

ユーザーが入力したテキストを翻訳するサービスで、 全文の翻訳結果だけでなく、 入力文と翻訳文を1文ずつ対訳表示できる。

基本辞書に加え、 「情報・通信」「医療・薬品」「物理」の専門辞書があり、 これらの辞書を選択して翻訳できる。

同社では今後、 専門辞書の種類を順次拡大、 また辞書の充実を図っていく。

翻訳サービスに関しては、各ポータルがすでに提供しており、 これらのサービスとの差別化をいかに図るかが大切だ。 同社では、専門辞書をつけることで、使える機械翻訳の実現を目指す。

翻訳結果画面のスクリーンショット
【関連記事】
ニューズウォッチ、プレスリリースに特化した検索機能を開始
フレッシュアイのショッピング検索をリニューアル
エキサイトで韓国語翻訳も可能に
楽天トラベル、フレッシュアイに 国内宿泊予約サービスを OEM 提供
宅配ピザ感覚で利用できるスピード翻訳サービス

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites