japan.internet.com
ビジネス2004年4月22日 00:00

シスコシステムズ、オプティカルネットワークを病院に

この記事のURLhttp://japan.internet.com/busnews/20040422/2.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
シスコシステムズ株式会社は、2004年4月22日、岐阜大学医学部附属病院が、同社のオプティカルネットワークを導 入したと発表した。

最大の特徴は、各病床まで光ファイバー網が張り巡らされた「FTTB(Fiber To The Bed)」を実現しているところだ。これにより、ベッドサイドで1Gbps の高速通信ができる。

バックボーンとして、10Gbps の高速スイッチが採用され、院内には約2,800か所の光ファイバーポートが設置される。また院内全館に、無線 LAN 環境が敷設される。

この FTTB によって、診療のために撮影した CT や MRI の映像などのデータをベッドサイドで見ることや、 患者の情報が「新総合医療情報システム(電子カルテシステム)」の構築により、医師や看護師、各メディカルスタッフの間で共有できるなど、チーム医療がよりスムーズに行うことができる。

各病床のベッドサイドには、タッチパネル式の液晶モニターを使った PC 端末が設置され、 電子カルテ端末として使用されるほか、特定の患者に対する情報案内や連絡を行うイントラネットや、 食事メニューを提供する食事選択システムなど、患者のサービス端末として使用することができる。

また、ユーザー承認は802.1xがベースになっており、ユーザー認証時にはダイナミック VLAN により、ネットワーク接続される。さらに公開鍵基盤 PKI も活用され、職員全員、 病院内の認証局が発行した ID カードを利用することが義務付けられ、セキュリティを 確保している。

ネットワークの設計・構築は、NTT データカスタマサービス株式会社が担当した。

岐阜大学医学部附属病院は5月に岐阜大学柳戸キャンパスに移転し、6月1日から新病院として開院する。今回導入されたオプティカルネットワークは、この新病院に敷設され、開院と同時に全館で本番稼働が始まる予定だ。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.