Business

ビジネス

マイクロソフト、Office System 用開発ツールを11月から店頭販売

japan.internet.com 編集部
2003年9月16日 / 00:00
 
マイクロソフト株式会社は2003年9月16日、 Microsoft Office System 向けのソリューション開発ツール 「Microsoft Visual Studio Tools for the Microsoft Office System」日本語版 (Visual Studio Tools for Office)のパッケージ製品を、 11月14日から販売すると発表した。

Visual Studio Tools for Office は、 Microsoft Office System 各製品に対応したアプリケーション開発ツール。

価格はオープンだが、 推定小売価格は、 通常パッケージが8万9,800円、 優待パッケージが4万5,800円、 アカデミック パッケージが1万9,800円。

Microsoft Office System の中核製品は、米国では8月8日、 メーカー向けに リリースされている。 日本語版のボリュームライセンス販売は9月1日から開始された。
【関連記事】
マイクロソフト、WPC Expo 会場でセキュリティ対策 CD-ROM を緊急配布
マイクロソフト、企業内 IMS 製品の日本語版を11月から販売
マイクロソフト、パッケージ開発を支援するコミュニティを発足
デル、マイクロソフトなど4社、Web ベースの講義支援システムの販売で協業
マイクロソフト、初心者向けのPC用語集を公開

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites